韓国最大の通信事業者、ブロックチェーンの資産管理サービスを発表

 韓国の通信事業者SKテレコムは、ブロックチェーン技術を利用した資産管理サービスのリリースを発表した。また同時に、ブロックチェーンのスタートアップ企業と投資家を結ぶプラットフォームについても発表した。地元の報道機関ザ・コリア・ヘラルドが24日につたえた

 同社のブロックチェーン部門のオー・セヒョン上級副社長は以下のように説明する。

「このサービスの利用者は、仮想通貨を含め、全ての銀行口座、クレジットカード、マイレージポイント、その他の非金融資産を1つのバスケットで管理することができ、信頼に基づく資産の取引が可能になる」

 オー・セヒョン氏によると、SKテレコムの新たな技術プラットフォーム「トークン・エクスチェンジ・ハブ」は、技術的、金融的コンサルタントの両方を提供することにより、スタートアップ企業のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を支援する。「我々はブロックチェーン技術を使用してビジネスを行う企業に、一貫したサポートを提供し、ブロックチェーンエコシステムの創造を支援する」。

 ビジネステクノロジーのニュースサイトZDネットによると、SKテレコムは利用申込と認証サービスに、ブロックチェーンベースの実名認証プログラムを使う計画だ。

 SKテレコムはすでに仮想通貨取引所コルビットに投資している。同社は、技術に対する投資を行う投資家ティム・ドレイパーと並び、最初に取引所への投資をした主要投資企業の1つだ。

  • フォローはこちら: