仮想通貨ビットコインのリターン、円や金、スイスフランなど安全資産に圧勝 米中貿易戦争激化の中

米国の仮想通貨資産マネジメントのグレイスケールは、5月にビットコイン(BTC)が米中貿易戦争が激化する中で伝統的な安全資産に圧勝したと報告した。

「ビットコインでグローバルの流動性リスクをヘッジ」と題されたレポートによると、ビットコインは5月5日~5月31日まで47%のリターンを得たと指摘。

5月10日米政府は対中関税引き上げを発表。中国は報復措置に乗り出し、株価は急落した。

【関連記事:「米中貿易戦争で株が暴落する中 仮想通貨ビットコインが安全資産として機能」米主要経済メディアが認める|XRP(リップル)なども急騰

グレイスケールによると、次にパフォーマンスが良かったのは円で2.1%のリターン、Gold先物 (COMEX)指数、スイスフランと続く。

(出典:Grayscale「米中貿易戦争と各資産のリターン」)

米中貿易戦争の激化と仮想通貨ビットコイン上昇の関係についてはこれまで様々な専門家が指摘してきた。

【関連記事:「仮想通貨の将来を感じさせる動き」マネックス松本氏、米中貿易戦争でビットコインへの資金シフトがあり得る理由を解説
【関連記事:仮想通貨ビットコイン、5月取引高は13ヵ月ぶりの高水準 中国人が相場を動かした説が高まる