リップルとビットペイが提携、仮想通貨XRPでの決済サポートへ

ブロックチェーン決済プロバイダーのビットペイがリップル社の投資部門Xpringと提携し、XRP決済のサポートを開始する

今回の提携により、ビットペイを使って数千の小売業者に対してXRPで支払いができるようになる。ビットペイの担当者は、「XRPはコスト効率が良くスケーラブルであり速い」と評価した。

最近、リップル社による買収や提携が相次いでいる。

先月には仮想通貨ビットコイン用ATM(BTM)を展開する「コインミー」(Coinme)に出資。またジャーナリストやビデオクリエーターなどコンテンツ制作者向けの少額決済プラットフォームである「コイル(Coil)」に10億XRP(約277億円)の助成金を与えた

先月末には、決済プラットフォームのロゴス・ネットワーク(Logos Network)を買収したと発表した

【関連記事:リップル、決済サービスのロゴスを買収 仮想通貨XRP基盤の分散型金融(DeFi)開発へ

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版