仮想通貨相場が全面高となる中、仮想通貨イーサリアムが急騰している。12日午前9時過ぎには240ドルを突破し、足元では10%上昇。昨年7月以来の高値をつけている。

(出典:Coin360 2月12日午前9時30分)

ロックアップ資金が10億ドル超える

DeFiパルスによると、12日時点でDeFi用にロックアップされた資金が10億6100万ドルを突破。1年間で370%上昇している。

(出典:DeFi Pulse「DeFi用にロックアップされた資金(米ドル)」)

DeFiは、分散型ネットワークを使ったレンディングやデリバティブ、支払いサービスを指す。ロックアップ資金は、融資や金利の獲得、ステーブルコインの発行など様々な用途に使われる。

DeFi用にロックアップされたイーサの額が増えるとイーサにとってポジティブ材料になるという見方がある、DeFiにイーサが必要になることを意味しており、イーサステークのためにイーサが必要になれば、購入できるイーサが減少するため、イーサ/米ドルには上昇圧力となるからだ。

さらに、既報の通り、JPモルガンがブロックチェーン部門「クオラム(Quorum)」をイーサリアム系のブロックチェーン開発企業コンセンシスと合併するというニュースが好感されたとみられる。

アルトコインも軒並み上昇、LINKは過去最高値

イーサリアムの他にNEM(XEM)やチェーンリンク(LINK)なども20%近く上昇している。

NEMは0.075ドル付近を推移し、昨年7月以来、LINKは4ドルに届きそうな勢いで、過去最高値を更新している。


(出典:Coin360 LINK/USD 全期間 2月12日午前9時40分)

 

【関連記事:ビットコイン上昇、パウエル発言がきっかけか | 中銀のデジタル通貨開発はポジティブ要因

【関連記事:カナダドル裏付けのステーブルコインQCADが公開|仮想通貨イーサリアムのERC-20を採用

【関連記事:強気相場に水を差す?135億円相当のビットコイン、プラストークン関連のウォレットから移動か

【関連記事:JPモルガンのブロックチェーン部門、コンセンシスと合併に向け協議=ロイター

【関連記事:弱気派のレジスタンスが機能|ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析

【関連記事:テスラ株、2017年のビットコインと同じ運命?|イーサのみプラス維持