仮想通貨決済サークルがステーブルコインUSDCの監査結果を公開

ゴールドマンサックスが投資する米国の仮想通貨決済企業サークル(Circle)は17日、同社が発行するステーブルコインUSDコイン(USDC)の監査結果を公式ブログで公開した。

公式ブログによると、監査を実施したのは米シカゴを拠点する大手会計事務所グラントソントン。発行総額は2億9318万4,174USDC。また確保している米ドル準備金は2億9335万1374ドル。監査時点で未払いのUSDCトークンは準備金を超えていないと結論づけている。

USDCは2018年5月に発表され、9月に発行されたERC-20トークン。米ドルに1対1の比率でペッグされている。

コインマーケットキャップによると、USDCの時価総額は5月現在、3億5900万ドルを超えており、前月比で40%以上上昇している。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版