仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「リキッド」、決済処理のBTCペイをサポート【ニュース】

ブロックストリームが主導するビットコインのサイドチェーン「リキッド(Liquid)」が、ビットコイン支払い処理ソフトである「BTCペイサーバー」のサポートを開始した。ブロックストリームが15日のブログ投稿で発表した。

リキッド上で発行されているリキッド・ビットコイン(L-BTC)や、ステーブルコインのリキッド版テザー(USDT)をBTCペイで使えるようになる。

リキッドの特徴は取引の機密性を保ちつつ、ビットコインのネットワークよりも迅速に決済できることだ

ブロックストリームのCSO(最高戦略責任者)のサムソン・モウ氏は、今回の発表の中でも、BTCペイを使うユーザーに機密性や決済の迅速性で恩恵があると強調した。

ビットコインのネットワークでは、トランザクションを承認するためには10分以上かかることになる。リキッドネットワークでは1分でブロックを生成し、2分で決済を完了させることができる。

ステーブルコインのテザーは昨年7月からリキッド上でテザーを発行している

【関連記事:仮想通貨ビットコインでSTOも サムソン・モウ氏に聞くサイドチェーン「リキッド」の可能性

【関連記事:米決済企業スクエア、仮想通貨ビットコインのオープンソースプロジェクトへの支援開始 第一弾でBTCペイに10万ドル助成

【関連記事:仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「リキッドネットワーク」でテザー発行