"ブロックチェーン・ドメイン"手がけるアンストッパブル・ドメインズ、米著名VCから資金調達|仮想通貨の受金方法にも革新か

ネット検閲への耐性強化を目指すアンストッパブル・ドメインズ(Unstoppable Domains)が、著名VCのティム・ドレイパー氏が主導する資金調達ラウンドで400万ドル(約4億4000万円)の資金調達をした。共同創業者のブラッド・カム氏が23日コインテレグラフにEメールで明かした。

アンストッパブル・ドメインズは、現在のインターネットの通信規格httpの代替として期待されるIPFSを採用。IPFSは、中央集権型のデータ管理方法であるhttpとは対照的にデータを複数の端末に分散して保存。アンストッパブル・ドメインズの利用者は、 .zil のドメインに登録することで、IPFSを使ってデータの保存ができるようになる

また、仮想通貨の受け取りにも.zil のドメインを使えるようになる。現在、仮想通貨のアドレスは複数の文字と数字の羅列になっているが、今後は例えば「yourname.zil」と入力するだけで送金できるようになるという。アンストッパブル・ドメインズは今後こうしたブロックチェーン・ドメインの数が20億を超える可能性があるとみている。

ドレイパー氏は、次のように期待を込めた。

「ドメイン・ネームを分散化することで、アンストッパブル・ドメインズは世界中に言論の自由を広める可能性を秘めている。あなたのブロックチェーンドメインを手に入れて、誰からもコントロールされないようにしよう」

ドレイパー氏は、2022年までにビットコインが25万ドルになると予想していることで有名だ。

【関連記事:ドレイパー氏 2022年のビットコイン価格25万ドル予想を解説

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版