10月のビットコイン、大逆転劇で10%超|11月の注目はリップル社主催のSWELL【仮想通貨相場】

ビットコインはハロウィーンの日にわずかに上昇し9000ドル台で推移している。10月は一時10%近くのマイナスを記録したが、結局約11%のプラスで取引を終えた。

(出典:Coin360「ビットコイン/米ドル(10月)」11月1日午前10時30分時点)

過去5年間の10月におけるビットコインのリターン中央値は上回れなかった。月末にかけて「量子コンピューター」報道で暴落した後、「習近平発言」報道で急騰。10月はまさにジェットコースター相場だった。

11月の注目はSWELL

過去5年間の11月リターン中央値の平均も10%を超えている。

今年11月の主な予定はこちら。

注目は、リップル社主催の大型カンファレンスSWELLだ。リップル社による新たなパートナー発表やマネーグラムによるXRPを使った送金実験の進捗など、XRP保有者は固唾をのんで見守るイベントになる

【関連記事:リップル主催SWELLに招待される仮想通貨ユーチューバー達XRPアーミー活用”のサプライズ発表も??

また現在行われているFATF(金融活動作業部会)による対日審査も注目だ。マネーロンダリン対策をチェックする審査対象には仮想通貨取引所も含まれている

【関連記事:マネロン対策でFATF対日審査、来週から SBI濃厚か|仮想通貨関連の審査方法 最新版が明らかに