ビットコインはやはり強気相場に入ったのかもしれない。

28日未明に8900ドルを突破したビットコインは午前11時時点で9000ドルを突破、足元では過去24時間で5%上昇し、9100ドル台を推移している。


(出典:Coin360 日本時間1月28日午前11時)

トレーディングビューで有名なジェイコブ・キャンフィールド氏は現在の9000ドルは61.8%フィボナッチリトレースメントレベルと一致していると解説。ここを抜けた現在では、次のポイントは78.6%地点の9700ドルが重要となると話した。

また127.2%の位置である1万1700ドルも可能性のあるターゲットとして捉えられるようだ。
(出典:Jacob Canfield氏ツイッター

また投資家情報を提供するリアルビジョンのラウル・パル氏は「ビットコインは逆三尊でのネックラインを突破した」ことを評価。上昇局面に動くことを予想している。

ビットコインが急伸する中、アルトコインも全面高となっている。イーサリアムはテクニカル的に重要な173ドルに接近。一時、約10日ぶりとなる173ドル台に乗せたが、足元では弾き返され、172ドル台を推移している。

(出典:Coin360「ETH/USD 1日」 日本時間1月28日午前11時)

【関連記事:強気派主導で1万ドルに向かうか|仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析

【関連記事:現在の仮想通貨ビットコイン相場を、著名テクニカルアナリストが強気だと思う理由とは..?

【関連記事:仮想通貨ビットコイン、一時8600台を回復|強気相場始まりのサイン?

【関連記事:「美しい反発」ビットコイン、調整は終わりか?

【関連記事:ビットコインを買うなら何曜日? データ分析でわかった仮想通貨相場の「曜日効果」

【関連記事:仮想通貨ビットコインはあす難易度調整|高水準保ち、強気相場へのきっかけか