11月17%マイナスのビットコイン、12月も黄信号か【仮想通貨相場】

11月のビットコインは約17%のマイナスとなり11月は今年最もパフォーマンスが悪かった月になった。12月は歴史的にはビットコインのパフォーマンスが良いが、今年は一筋縄ではいかないかもしれない。

(出典:Coin360 「ビットコイン/米ドル(11月)」)

11月は、7800ドルのソードを抜くことができなかった。

仮想通貨アナリストFlibFlibが不吉な予兆として警戒していた通り、先週末にビットコインは7300ドルを下回った。FlibFlibは12月9500ドル回復の条件として先週末に7600ドルを上回った水準で取引することをあげていた

また今年12月のビットコイン関連イベントは少なく、年明けにかけて材料難が続きそうだ

2010年以降、12月は平均で15%以上のリターンを獲得してきた。

XRPがビットフライヤーに上場

時価総額3位のXRPがビットフライヤーのアルトコイン販売所に上場した。ビットフライヤーが新規通貨の取り扱いを始めるのは、約2年ぶりだ。上場発表を受けてXRPは若干上昇した。

(出典:Coin360 日本時間12月2日午前11時時点)

XRPは10月は15%近く上昇したものの、11月はリップル社主催の大型カンファレンスSWELL付近から急落。結局11月は23%のマイナスで終わった。

【関連記事:ビットコイン急伸、今週末は重大局面か

【関連記事:ビットフライヤー、仮想通貨XRP(リップル)の取り扱い開始 アルトコイン販売所で |新規通貨は2年ぶり

【関連記事:我々は第4サイクルの真っ只中にいるのか?「ビットコイン202212万ドル」の強気予測も

【関連記事:「自信持ちすぎ」ビットコイン大幅回復に警戒の声

【関連記事:「ビットコインに年内1万ドル回復する”レアな機会”」悲観論相次ぐ中、データアナリストが主張

【関連記事:「最悪の恐れが現実に」著名アナリスト、仮想通貨ビットコインの今年ピークから50%下落で発言