仮想通貨最新チャート分析:ビットコイン、イーサリアム、リップルなど…買いのチャンスのある通貨は?

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

仮想通貨市場は10月15日の利益のほとんどを諦めているが、最近の安値は遥かに上回っている。これはポジティブなサインだと言える。ニュースへの俊敏な反応は、市場をあるレべルまで押し上げることが出来るだろう。そして、その後はファンダメンタルズが引き継ぐことになり、上昇への次の動きは大きなファンダメンタルのニュースに基づくものになるだろう。

仮想通貨市場は、機関投資家の参入によって更なる上のレベルに引き上げられるのを待っている。ギャラクシー・インベストメント・パートナーズ創設者のマイク・ノボグラッツ(Michael Novogratz)CEOは、より大きいプレイヤーが来年の第1四半期もしくは第2四半期に市場に参入し、それが新たな高値に押し上げる可能性があると考えている

世界でも屈指の規模を誇るアメリカの投資会社フィデリティ(Fidelity)はフィデリティ・デジタル・アセット・サービスを立ち上げた。これは機関投資家にビットコインやイーサリアム、または他の多くのデジタル資産のために「セキュアでコンプライアンスの高い、機関投資家レベルの複数の保管ソリューション」を提供する。

しかし、大口の機関投資家など規模の大きいプレイヤーは本格的に市場参入する前に綿密に下調べをする事になるだろう。そしてこれには時間が掛かる。それまでの間、買いを入れておく価値はあるのか?それとも更に下落するリスクがあるのか?主要な仮想通貨について、信頼できる買い場が整っているのか?チャートで探ってみよう。

BTC/USD

10月15日の上昇の後、ビットコインは直上のレジスタンスである6,831.99ドルをわずかに下回っている。理想的には、弱気のパターンを覆した後、価格が上昇するはずだったが、それはまだ起こっていない。

今、もし強気筋がレジスタンスを迅速にスケールすることができなければ、それは弱気筋による売りを誘うことにあるだろう。移動平均線を下回れば、6,075.04~5,900ドルの重要なサポートゾーンを再びテストすることになるだろう。

ビットコイン・アメリカドル(BTC/USD)デイリーチャート

ビットコイン/米ドル(BTC/USD)のペアは下降トライアングルの下降トレンドラインを上抜けたが、勢いを取り戻していない。移動平均線はフラットなままで、強気筋と弱気筋が拮抗していることを示している。

ビットコインが6,831.99ドルを上回る状態を維持出来れば、バランスは強気筋に有利なものになるだろう。上向きでの目標は7,400ドルと8,400ドルだ。ロングポジションを保持しているトレーダーは、5,900ドルのストップロスを維持出来る。

今後の数日間は重要な局面になるだろう。ビットコインの次の方向性について洞察を得ることができるだろうからだ。

ETH/USD

イーサリアムは調整局面が続いているが、弱気筋はレンジの下半分に押し下げようとしている。イーサリアムは2つの移動平均線の下で取引されており、相対力指数(RSI)はネガティブの領域にある。

イーサリアム・アメリカドル(ETH/USD)デイリーチャート

もし強気筋が今後数日間、移動平均線を上回ることに失敗した場合、イーサリアム/米ドル(ETH/USD)のペアは192.50ドルのサポートをテストすることになると思われる。更にそこを下回れば、9月12日の安値である167.32ドルまで下落することが予想される。

逆に、直上のレジスタンスを上回る上昇は相場の強さを示す。次のレジスタンスである322.57ドルまで価格を上昇させるだろう。従って、トレーダーはロングポジションを開始する前に249.93ドルを上回り、(UTCで)終値を付けるのを待つべきだ。

XRP/USD

時価総額トップ10の仮想通貨の中で、リップルは10月15日の高値を上回った唯一の仮想通貨だ。また2つの移動平均線を上回っており、これはポジティブなサインだと言える。

リップル・アメリカドル(XRP/USD)デイリーチャート

リップル/米ドル(XRP/USD)のペアは、0.50ドルまで上昇しそうだ。0.50ドル近辺には何らかのレジスタンスに直面するかもしれない。このレベルを