800兆円運用の米フィデリティが仮想通貨にビッグマネー呼び込む! 機関投資家向け仮想通貨取引・保管事業開始へ

米大手投資会社フィデリティが、仮想通貨ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に対応した機関投資家向け仮想通貨取引サービスを開始することがわかった。CNBCが伝えた

フィデリティは15日、仮想通貨関連サービスに特化した別会社「Fidelity Digital Asset Services」の設立を発表。ヘッジファンドやファミリーオフィスなどを対象に、ビットコインなど仮想通貨の保管や複数取引所における取引をサポートする予定だ。

同社のアビゲイル・ジョンソンCEOはこれについて以下のようにコメントしている。

「ビットコインのような真のデジタル資産を多くの投資家の方々に提供することを目指している。仮想通貨は新しいアセットクラス。長期目線で投資と実験を繰り返しながら、仮想通貨に対する理解とその活用を普及させていきたい。」

同様の事業を行う企業は多く存在するが、ウォール街の老舗として仮想通貨関連サービスを提供するのはフィデリティが初となる。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)