2月7日仮想通貨チャート分析 ビットコイン イーサ リップル ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン NEM NEO EOS

ここに述べられている見解や意見は、あくまで筆者/寄稿者のものであり、必ずしもコインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンの見解を反映するものではありません。あらゆる投資や売買の動きはリスクを伴います。意志決定の際には、ご自身でリサーチをお願いいたします。

 米議会の公聴会における米商品先物取引委員会(CFTC)と米証券取引委員会(SEC)の発言は概ねポジティブに受け取った人が多かったようで、仮想通貨相場は反発に転じている。市場が予想していたより、規制当局は仮想通貨やブロックチェーン技術を理解し、その発展を支援する姿勢を見せたからだ。

 既に昨年と同等の強気相場の再開を予想する声も出てきている。

 それでは強気サインをチャートから読み取ってみよう。

BTC/USD ビットコイン/ドル

 5500~5800ドル圏で買うことを推奨していた。近くまで下落したが、実際は6075.04ドルで底を付けている。

BTC/USD

 下値では長期投資家による買いが入っている状態だ。

 問題は、下降トレンドが終了したのか、下落が再開するかだ。

 強い下降トレンドにおいては、1~3日間反発する傾向がある。通常、そういった反発は20日間平滑移動平均線やそれまでサポート線だった地点で抵抗に遭うことが多い。

 ビットコインを待ち受けるレジスタンスは、2月3日高値である9500ドルだ。ここを超えると9920ドルまでの上昇する可能性もある。だが9920~10700ドル圏は強い抵抗圏となるだろう。

 これら想定されるレジスタンス地点のいずれかで反落すると見ているそこで下値を試す展開になれば、ロングで入ることを検討したい。

 下値を割ったら数日間様子見とする。   

ETH/USD イーサリアム/ドル

 前回の分析で、611.34~640ドルが強いサポート圏になると予想していた。実際は6日に565.54ドルで底を付けた。

ETH/USD

 反発は現状の水準で抵抗を受けそうだ。下降トレンド線を上抜けたら20日間平滑移動平均線と50日間標準移動平均線が交わる967ドルまで上昇するかもしれない。そこから反落するだろう。

 次回の下げにおいて640~770ドル圏で下げ止まったら、底入れが示される。565ドルを割ると390ドルまで下落する可能性も排除できないが、その可能性は低いだろう。

BCH/USD ビットコインキャッシュ/ドル

 重要なサポート値である854ドルのやや下、778.2021ドルで下げ止まった。だが反発は説得力があるものではない。

BCH/USD

 急激な下落の後、上昇トレンドを再開する前に値固め期間に入ると見ている。現在の反発は1150ドル(20日間平滑移動平均線)と1325ドル(下降トレンド線)で抵抗に遭うだろう。

 下降トレンド線を上抜けて推移しない限り強気転換とはならない。

XRP/USD リップル/ドル

 重要なサポート値である0.61ドルを割ったが、0.5627ドルですぐ反発した。ここからは、以前サポート値だった0.87ドルで抵抗を受けるだろう。

XRP/USD

 そこを抜けると次は下降トレンド線がレジスタンス線となる。0.61~0.87ドルのサポート圏で下げ止まれば買いを検討する。

XLM/USD ステラ/ドル

 6日、重要なサポート値である0.296ドルを割ったが、下降チャネルの下限までは下げなかった。

XLM/USD

 他の仮想通貨と同様反発しているが、これまで強いサポート値だった0.41ドルで抵抗を受けるだろう。

 下降チャネルを上抜けして推移したらポジティブな展望を持つかもしれない。

LTC/USD ライトコイン/ドル

 前回の分析でライトコインの反発は他の仮想通貨のそれより強いとしていた。6日、他の仮想通貨が下値を更新するなか、ライトコインは2日底値で下げ止まった。強い兆候だ。

LTC/USD

 175ドルを上抜けたら短期的にはダブルボトム(二重底)を示す。その場合、上値目標値は243ドルとなる。

 同時に、168~185ドルが頭上のレジスタンス圏となる。だからここから数日は107~175ドルのレンジ内で推移するだろう。

 185ドルを超えたら買いを推奨する。

XEM/USD NEM/ドル

 6日、重要なサポート値である0.31672ドル近くの0.36476ドルまで下げた。

XEM/USD

 現在、強いレジスタンスとなる下降トレンド線の近くで推移している。ここを上抜けして推移できたら下降トレンド線は終わるだろう。買い条件が揃うまで様子見としたい。

NEO/USD NEO/ドル

 64.83ドルまで下げると予想していたが、実際6日には63.62ドルで下げ止まっている。

NEO/USD

 NEOは一番強く反発した仮想通貨の一つだ。だが移動平均線がある111~123ドル圏で抵抗を受ける可能性がある。

 次の下げで93ドル以上で推移するのを待ってから買い始めたい。

EOS/USD EOS/ドル

 6.5~7.4ドルが強いサポートになると予想していたが、実際は5.7917ドルまで下げた。

EOS/USD

 現在狭い下降チャネルの中で売買されている。このチャネル上限を上抜けできれば、移動平均線が重なる10.7ドルまでの上げもあり得る。

 次回の下げで7.5ドル以上で踏み留まることができれば、買いを入れるかもしれない。

  • フォローはこちら: