3月28日 仮想通貨チャート分析 : ビットコイン イーサリアム ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン カルダノ NEO EOS

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いいたします。市場データはHitBTCから提供されたものです。

 世界中の規制当局に続き、今やフェイスブック、グーグル、ツイッターといった大手企業がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)と仮想通貨の広告に対する措置を講じつつある。これは仮想通貨の人気に傷をつけるだろうか?いや、つけない。短期的な価格の急変が起こりうるか?その通りだ。

 仮想通貨の人気はその根底にある技術に基づいたもので、広告に基づいたものではない。ビットコインとアルトコインは、過去により多く深刻な問題に直面した後、より強固なものとなってきた。今回も違いはないだろう。これらの下落は、未来の一部を割引価格で手に入れる機会だと考えられる。今日、何を購入して良いか読み解いてみよう。

 

BTC/USD

 以前、ビットコインの最初のストップロスは7600ドルだとしていたが、この注文は発生しなかった。現在、売り方と買い方は8000ドルのラインでもみ合っている。

BTC/USD

 価格は両方の移動平均より下の値をつけているので、下落トレンドだ。20日間EMAは下落しており、短期的な値動きの鍵を握っている。18日の安値である7715ドルを下抜ければ、BTC/USDペアはさらに弱くなり、さらなる売りを招くだろう。

 一方、買い方が価格を現在の水準より押し上げるならば、レンジが形成されるかもしれない。50日間SMAは下落というよりむしろ水平だ。下側にある重要なサポートは7850ドル、7285ドル、6075ドルだ。上側に待ち受けているレジスタンス水準は8912ドル(20日間EMA)と9412.41ドル(3月21日の日中高値)だ。

 リスクは高いが、定められたストップロスをつけてロングポジションを保持することを提案する。この仮想通貨が底打ちのサインを示した場合、トレーダーはポジションを増して良い。

 

 

ETH/USD

 イーサリアムの相対力指数(RSI)の値は、16年12月以来の強い売られ過ぎの領域にある。トレーダーはロングポジションを始めるべきだろうか?

 答えはノーだ。下落トレンドではRSIは売られ過ぎの領域に長期間留まり得る。しかし、売られ過ぎの値は売りが度を越していることを示しているので、トレーダーは価格動向の反転を注視すべきだ。

 

ETH/USD

 3月27日、ETH/USDペアは3月18日の安値である452.32ドルを下抜けた。売りは強まり、次のサポートである385ドルに下落するだろう。

 市場がこのより低い水準を拒絶し、価格が上に戻り始めるならば、底値が定まった最初の兆候になる。価格が600ドルより上に反発すれば、ダブルボトムの形成が示唆される。従って、イーサリアムが強さを示すまで待つことを提案する。

 

 

BCH/USD

 過去の分析で予想したように、ビットコインキャッシュは3月18日の安値である884.7951ドルを再度試している。下側の次のサポートは2月6日の安値である778.2021ドルへの下落だ。もしこの水準が破られれば、下落は600ドルの水準まで続く可能性がある。

BCH/USD

 上側への全ての反発は、以前にも重要なレジスタンスとして機能した20日間EMAでの売りに直面するだろう。  水平な50日間SMAはレンジ内での動きを示しているが、底の形成が確認できてからBCH/USDペアを購入することを提案する。1200ドルがロングポジションで入るのに良い水準だと思われる。

 

 

XRP/USD

 リップルは重要なサポートである0.56270ドルにかろうじて留まっている。現在の価格は我々が推奨した購入水準である0.71ドルから大きく離れている。我々のストップロスは0.52ドルで、この仮想通貨は3月27日には0.55703ドルの安値に下落した。

 

XRP/USD

 売り方が0.56720ドル未満の価格を3日間保てば、0.22ドルへの急落があり得る。この間に大きなサポートが無いからだ。XRP/USDペアが0.72ドルの水準より上に反発すれば、レンジ内での値動きが確かになるだろう。

 

 

XLM/USD

 ステラは3月17日の終値(UTC)である0.20263635ドルより上になんとか留まっている。これは現在の水準では売りが不足していることを示しているが、安定した買いはまだ見られない。

 

XLM/USD

 XLM/USDペアが0.27ドルのラインより上で終値をつけることができれば、トレンド変化の可能性が高いことが示唆される。それまでは価格は狭いレンジに留まるかもしれない。0.2ドルの水準が破られれば弱気が進展し、価格は0.1ドルの水準に下落する可能性がある。従って、現在の水準でのロングポジションは推奨しない。

 

 

LTC/USD

 165ドルで推奨したライトコインのロングポジションは、3月27日に142ドルのストップロスをつけてクローズした。

LTC/USD

 LTC/USDペアは現在、128ドルでの対称トライアングルのトレンドラインにサポートがあり、買い方は再度187ドルへの反発を試みるだろう。しかし、もしこのサポートが破られれば、2月2日の安値である107.102ドルへの下落があり得る。

 50日間SMAは水平で、レンジ内での動きの可能性を示している。価格が20日間EMAと下落トレンドラインを上抜ければ、我々は強気に転じるつもりだ。

 

 

ADA/BTC

 向こう数日間、カルダノは0.00001690から0.00002460のレンジに留まると予想される。

 

ADA/BTC

 ADA/BTCペアがこのサポートを下抜けた場合、次の下落の動きが始まるだろう。しかしそれが起こる可能性は低い。上側については、0.00002460を上抜けた場合、新たな上昇トレンドが始まる可能性がある。上抜けが保たれればロングポジションを推奨する。RSIにおけるポジティブなダイバージェンスの形成は、近い将来に反発が起こることを示唆している。

 

 

NEO/USD

 NEOの弱気の下落三角持ち合いパターンを売り方が下抜けさせたが、買い方は3月18日の安値である49.04ドルを守ろうとしている。

NEO/USD

 NEO/USDペアが49.04ドルを下抜ければ、このペアはネガティブになり31.15ドルの水準への下落があり得る。買い方が65ドルの水準より上に価格を押し上げ、そこで落ち着けば、強さの最初のサインとなる。

 

 

EOS/USD

 上位仮想通貨の中で、EOSは最も強い通貨だ。3月18日の安値より遥かに上、20日間EMAの近くで取引されている。

EOS/USD

 下落チャネルと50日間SMAを上抜ければ、新たな上昇トレンドが始まると思われる。従って、EOS/USDペアのロングポジションを7.5ドルで持つことを推奨する。ストップロスは5ドルに保てばよく、目標値は11ドルだ。価格が5ドル未満に下がりそこに留まった場合、この強気の見方は無効になる。

市場データはHitBTC、分析チャートはTradingViewによるものです。

  • フォローはこちら: