3月12日仮想通貨チャート分析:ビットコイン イーサリアム ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン カルダノ ネオ イオス

ここに述べられている見解や意見は、あくまで筆者/寄稿者のものであり、必ずしもコインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンの見解を反映するものではありません。あらゆる投資や売買の動きはリスクを伴います。意思決定の際には、ご自身でリサーチをお願いいたします。

 

 ビットコイン価格は2月初旬までに、昨年12月の史上最高値から68%下落した。ビットコインの価格下落はグーグルでの「ビットコイン」検索回数に反映され、グーグルトレンドでの人気は、昨年10月以降最低水準となった。

 仮想通貨市場を先導するのは悪いニュースばかりではない。熱狂期が過ぎ、一部の投資家が市場から撤退した。今は仮想通貨を信じる投資家だけが残っている。

 悪いニュースが流れても価格がサポートラインを下回らない時、弱気筋は支配力を失っている。市場が盛り上がる初期の段階では、いつも懸念が生まれるものだ。

 市場が回復した時、投機家も戻ってくるだろう。買いのコインがあるか見てみよう。

 

BTC/USD

 弱気筋は10日、9500ドルレベル下にブレークダウンできなかった。ビットコインは11日、低いレベルでの強い買い支えによって回復した。

BTC/USD

 現在、BTC/USD通貨ペアはクリティカルレベルで取引されている。1万ドル〜1万300ドルのレベルは、移動平均線と下降チャネルのレジスタンスラインからレジスタンスを受ける。

 もし1万300ドルを上抜け価格を4時間維持できたら、8700ドルで逆指値注文しつつ買うのありだ。最初のターゲット目標は、1万2150ドルへのラリーだ。そこでは前3回価格が回復している。このレジスタンスレインを上抜ければ、ビットコインは新たな上昇トレンドに乗るだろう。

 

ETH/USD

 654.02ドルはイーサの強力なサポートラインだ。過去3日間、745ドル〜654ドルの強固なレンジ内で取引されている。

ETH/USD

 このレンジを上抜ければ、ETH/USD通貨ペアは800ドルレベルへのラリーへ上昇しそうだ。そこで20日EMAと下降チャネルのレジスタンスラインから抵抗を受けるだろう。

 このレジスタンスを上抜ければ、次のレジスタンスは50日SMAの900ドルになる見込み。スウィングトレーダーが十分な見返りを期待できるリスクではないが、デイトレーダーはこのレジスタンスを上抜けたら買ってみるのもよいだろう。このレンジをブレークダウンした場合、565ドルへの下落もありえる。

 

BCH/USD

 ビットコインキッシュは過去3日間は1000ドルレベルを維持している。11日、頭上のレジスタンスの1150ドルを上抜けたが、この上昇を維持することはできなかった。

BCH/USD

 現在、BCH/USD通貨ペアは、20日EMAすぐ上のダウントレンドラインでレジスタンスにあっている。弱気筋は1150〜1200ドルを維持するだろう。もしそれを越えれば、1355ドルの主要レジスタンスへの上昇もありえる。もし1000ドルレベルを下抜ければ、854ドルまで下降する可能性がある。

 

XRP/USD

 リップルは過去3日間0.73ドルレベルにあり、我々のリップル買いシグナルは発動しなかった。

 XRP/USD通貨ペアは、レンジバウンドに数日間留まるだろう。仮想通貨への悲観的な味方が改善されれば、レンジ上の1.22ドルへ向けてのラリーもありえる。0.85ドルを上抜ければ買ってもよい。その時のストップロスは0.72ドルだ。しかし、これはリスクの高い投資だ。通常のポジションサイズの50%で取引することを勧める。

 もし0.73ドルを下抜けた時は、0.695ドル、そして0.5627ドルへ下落するかもしれない。


XLM/USD

 ステラは低迷している。弱気筋は0.32ドル下のブレークダウンから力が弱まった。0.22ドルへ下降すると予測していたが、強気筋が0.25ドルレベルを死守した。

XLM/USD

 強気筋が低レベルで買っていたが、0.32ドルまで価格を押し上げた。XLM/USD通貨ペアは、0.32ドルレベルを数日間維持できたら、長期トレードを勧める。


LTC/USD

 ライトコインは過去4日間、タイトなレンジで取引されている。価格は下降トライアングルパターンの頂点に達したので、悲観的な見方は捨ててよい。

 もしダウントレンドラインと20日EMAを上抜ければ、LTC/USD通貨ペアは250ドルレベルまで上昇するだろう。200ドルより上で、協定世界時の終値でライトコインを買ってよい。ストップロスは165ドルだ。

 もし価格が現在のレベルを下抜けし、180ドルを再び割ったら、160ドルまで下落する可能性がある。

 

ADA/BTC

 カルダノは前回予測した通り小さなレンジ内で取引されている。強気と弱気が平衡しているため、まだポジションは立てない。

ADA/BTC

 向こう数日以内にどちらかが優勢になり、大きなレンジの動きを形成するだろう。その時にポジションを提示することにしよう。

 今のところ、上昇が見られたとしたら 0.0000246でレジスタンスにあいそうだ。このレジスタンスの上は、下降トレンドラインと20日EMAの0.0000275レベルが次のレジスタンスになる。このレジスタンスを上抜ければ、新たしいトレンドが始まるだろう。それまでは取引は見送ろう。もし下落した場合は、次のサポートは0.00001690になる。

 

NEO/USD

 ネオは過去4日間、93.5ドルレベルを上抜けられず、弱気のようだ。

NEO/USD

 EO/USD通貨ペアが80ドルレベルを下抜ければ、下降チャネルトライアングルパターンが完成する。
 パターンターゲットはずっと下にあり、ゆっくり取引を見守ろう。目下のサポートは2月6日の63.62だ。もし100ドルレベルを数日間維持できれば、ロング・トレードを試みるのがよいだろう。

 

EOS/USD

 過去4日間、イオスはサポートレベルを維持するのが難しくなっている。強力なサポートラインから跳ね上がれないのは、弱気のサインだ。

EOS/USD

 弱気がサポート下に価格を押し下げ、価格は3.65レベルまで下降しそうだ。ブレークダウンしたらEOS/USD通貨ペアのレンジ形成予想は無効になる。

 

マーケットデータはHitBTCから、分析用チャートはTradingViewから提供されています。

  • フォローはこちら: