4月19日仮想通貨チャート分析:ビットコイン イーサ ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン カルダノ NEO EOS

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いいたします。市場データはHitBTCから提供されています。

 株式市場ではインデックス・ファンドの導入が人気を呼んでいる。なぜか?新たに多くの投資家を呼び込んでいるのは、投資が簡単であり、多くのヘッジファンドよりも、良いリターンが期待できるからだ。

 仮想通貨取引はジェットコースターのような動きをしており、整理をするのは簡単ではない。しかし、ボラティリティを抑え、相応のリターンを提供するなら仮想通貨市場に参入する人も多いだろう。

 この要求に応えるため、多くの仮想通貨インデックスファンドが立ち上がっている。これらは、ふさわしいリターンを提供しつつ、ボラティリティが比較的少ないと言われている。もしこれらが有効だと証明できれば、多くの投資家を仮想通貨市場に新たに呼び込むことになるだろう。

 ゴールドマンサックスやバークレーなどの巨大投資銀行は、仮想通貨取引デスクを開始する足固めをしているとの噂がある。もしそうなれば、取引高は上昇し、市場は深くなるだろう。

 伝統的な銀行のコミュニティは、デジタル通貨の重要性に気付き始めている。最新の仮想通貨の上昇は、IMFのクリスティーヌ・ラガルド専務理事がブログを投稿し、仮想通貨の潜在的利益に言及したためだと思われる。    最近の仮想通貨の価格上昇は市場が底固めをし、最悪の状況を脱したとの印象を与えている。

 

BTC/USD

 ビットコインは12日に下降チャネルを上抜けしてから、ほとんど上昇していない。両移動平均線の間に留まっている。50日SMAで売りが、20日EMAで買いが優勢になっている。

BTC/USD

 BTC/USDペアが数日以内に50日SMAを上抜けしないなら、トレーダーはストップを損益分岐点に上げるか、ポジションを閉じよう。頭上のレジスタンスを超えられなければ、売りが続き、6757ドルレベルまで下落するだろう。もし50日SMAを上抜けしたら、9400ドル、そして1万ドルへの上昇もあり得る。

ETH/USD

 過去4日間、イーサリアムはサポートの500ドルレベルにある。しかし下降トレンドは終わったので、リターンを得られるだろう。

ETH/USD

 20日EMAは水平だ。50日SMAはいまだに下降している。ETH/USDペアは両移動平均線の間で動いている。50日SMAを上抜ければ、600ドル、そして730ドルレベルへの上昇があり得る。一方で、20日EMAを下抜ければ、418ドルレベルへの下落も起こりそうだ。そのため、現時点でトレードの助言は控える。

BCH/USD

 20日EMAでサポーにあった後、ビットコインキャッシュは50日SMAへ向かっている。前回はこの両移動平均線で売りは起こらなかった。そのため、現時点では50日SMAは主要なレジスタンスになるとは予想していない。

BCH/USD

 ターゲット目標は1114ドルレベルで、トレーダーはそこで利益を確定しても良い。BCH/USDペアは過去の動きからすると、新しいトレンド開始の前には垂直のラリーがある。それゆえ、トレーリングストップをしながら、いくつかのポジションをキープすることを勧める。  

 もし 垂直ラリーが起こったら、トレーダーは1300から1600レベルへ上昇すると考えて良い。ストップは700ドルに引き上げよう。しかし、再び20日EMAを下回ったら、このトレードは続けない方がいいだろう。

XRP/USD

 リップルは予想に反し0.5627ドルのサポートへ回復しなかった。現在は0.613〜0.70789ドルの狭いレンジで取引されている。

XRP/USD

 20日EMAは上向き、50日SMAは水平になっている。強気のクロスオーバーの可能性が増した。この狭いレンジを上抜けた時、0.83296ドルへのラリーもあり得る。それゆえ、アグレッシブなトレーダーは0.71ドルでロングポジションを建てても良い。ストップロスは0.61ドルにしよう。0.83ドルで一部を利確し、残りのポジションはトレーリングストップをしつつ保持しよう。0.83ドル上では1ドルへ上昇する可能性があるからだ。もし0.61ドルを割れば、0.56ドルへの下落もあり得る。

XLM/USD

 ステラは最初のターゲット目標の0.36ドルに向かっている。そこでいくつかのレジスタンスに直面するだろう。それゆえ、トレーダーはこのレベルで一部を利確し、0.47ドルレベルへの上昇のために残りは保持しよう。

XLM/USD

 RSIは買いすぎのレベルに近づいている。それゆえ、数日間のもみ合い相場の可能性は否定できない。XLM/USDペアはロングダウントレンドを上抜けした。レンジバウンドか新しいトレンドの開始、どちらに転ぶ可能性もある。次の下落で次のトレンドがはっきりとするだろう。

LTC/USD

 ライトコインは141ドル付近で強いレジスタンスに直面すると予想する。 17日はこのレベルを突破したが、維持できなかった。

LTC/USD

 LTC/USDペアは再びこのレンジを上抜けようとしている。上抜ければ、168ドルのパターンターゲットを与えるだろう。しかしダウントレンドラインで売りが起こると予想する。ダウントレンドラインを上抜け、価格を維持できればポジティブな見方をして良い。現在のレベルはリスクを取るに見合う買いポジションは見つけられない。

ADA/BTC

 カルダノは17日に0.00003405に達し、ターゲット目標の0.000035に届きそうだった。前回の予想では0.0000323で一部を利確し、ストップを高く置くことを勧めた。

ADA/BTC

 RSIは買われすぎのレベルに近い。そのため、数日間でもみあい相場が起こる可能性がある。下落局面では、20日EMAは強力なサポートとして機能するだろう。ADB/BTCペアは0.000035レベルを上抜け、そこで維持できれば、弾みがつくだろう。それゆえ、トレーダーは少量のポジションをオープンにして損益分岐点にストップロスを置こう。

NEO/USD

 ネオは現在20日EMAと50日SMAの間にある。過去5日間、買い推奨レベルの64ドルレベルでの取引が続いている。

NEO/USD

 50日SMAを上抜ければ、NEO/USDペアは80ドルレベルへ上昇するかもしれない。そこで下降トライアングルのダウントレンドラインからレジスタンスに直面するだろう。それゆえ、我々のターゲットを88ドルから80ドルに引き下げる。下降局面では、64ドルレベルに強力なサポートがある。このレベルを下抜ければ、6日安値の44.16ドルへの下落もあり得る。ストップを54ドルに引き上げ、リスクを低減することを勧める。

EOS/USD

 EOSは新しい上昇トレンドを開始しようとしている。ブレークアウトレベルを再び試すことに成功し、7.8ドルのサポートを見つけた。

EOS/USD

 EOS/USDペアは下降チャネル内での取引が続いている。このチャネルを上抜ければ、強気のサインだろう。
9.5 〜10ドルのゾーンでレジスタンスに直面するかもしれない。それゆえ、9.5ドルレベルで一部を利確し、残りを11ドルの目標まで保持しよう。
ストップロスの半分はブレークイーブンに引き上げても良い。残りは、下降チャネルのサポートラインのすぐ下の6ドルでキープしよう。

  • フォローはこちら: