仮想通貨取引所バイナンスのCZ、「米国部門の立ち上げは2ヵ月以内」

仮想通貨取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)は、チェダーとのインタビューでバイナンスUSが2ヵ月以内に立ち上がる見込みであると話した。

バイナンスは今年6月、Binance.comが9月から米国ユーザーをブロックすると発表。代わりに規制を遵守する形でバイナンスUSを立ち上げる計画を発表していた。

またCZによると、バイナンスUSはニューヨーク州のビットライセンスを持っていないため、最初はニューヨークでサービスできない。

「米国はいつだって重要なマーケットだった(中略)我々はいつも完全に規制遵守をしたい。以前はその経験がないと思っていたが、現在はパートナーも得た。マーケットを開拓していきたい」

バイナンスUSは、米国の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に認可されたバム(BAM)トレーディング・サービスと提携する予定だ。バムのCEOにはリップル社の元幹部が就任する。

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンス、バイナンスUS立ち上げへ 規制当局認可のパートナーに運営任せる

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版