バイナンスがウクライナの仮想通貨行政を支援|規制や市場構築で協力【ニュース】

仮想通貨取引所バイナンスがウクライナ政府と協力し、同国の仮想通貨規制と市場を構築する。コインテレグラフに共有されたプレスリリースによると、バイナンスはウクライナのデジタル転換省と覚書を交わした。

デジタル転換省とバイナンスはブロックチェーン実装の戦略と「ウクライナの新しい仮想通貨規制と仮想通貨市場」創設のためのワーキンググループを設立。2019年末までにウクライナ議会へ関連法案の提出を目指す。

バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)は今回の提携は経済のプラスの成長をもたらすだけでなく、さらなる投資を呼び込むための重要な役割になると述べた。

議員による法律完成間近か

今回の発表に先立ち、ウクライナのオレクシー・ズメレネットスキー議員は10月22日、現在作成中の暗号法が完成間近だと明らかにしている

同氏は仮想通貨を規制する3つの法案について、専門家に条項を確認するなどの協力を呼びかけている。

バイナンスでは法定通貨UAHの入出金開始

CZ氏は7日、ウクライナの法定通貨フリヴニャ(UAH)の入出金を開始したことを明らかにした。

バイナンスでは先日、APIにフリヴニャが追加され、近日中にもサポートを開始するとされていた。

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンス、新たに2種類の法定通貨サポートか

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版