仮想通貨バイナンスコインが急騰 バイナンス、トークン販売方法を先着順から抽選に変更

仮想通貨取引所バイナンスは、自社が主催するトークンを使った資金調達プラットフォーム「ローンチパッド 」でのトークン購入方法を先着順から抽選に変更する発表した。この発表を受ける形でバイナンスコイン(BNB)は高騰している。

先着順から抽選へ

今後、バイナンスの利用者は、バイナンストークン(BNB)の保有状況に応じて抽選券を最大5枚、抽選日まで20日間保有できる。100BNB未満保有の利用者は抽選券を持てない。

(出典:バイナンス「BNBトークン保有量と抽選券の枚数」)

抽選は、「透明性が担保されたランダムなシステム」で行われるという。

バイナンスは、これまで3回、ローンチパッド を使ったトークン販売を行なっている。

いずれも盛況で、1回目のトロン基盤のBitTorrent token (BTT)のセールは、50億トークン、約7.1億ドル分が15~18分以内に完売した。2回目のThe Fetch.AI (FET) の6900万トークン、600万ドル分のトークンセールが22秒で完売。そして3回目のセラー・ネットワーク(CELR)のトークンの販売は、400万ドル分が17分35秒で完売した。

バイナンスは、今年ローンチパッド で毎月1回はトークン販売をすると発表している

BNBは高騰

バイナンスの発表を受ける形でBNBは執筆時点(3月25日11時50分)までの24時間で15%以上も高騰。現在、17.35ドル付近で取引をしている。

(出典:CoinMarketCap「バイナンスコイン(BNB)/米ドル(1週間)」)

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Binance Changes Launchpad Token Sale Format to Lottery