アジアの仮想通貨イベント、コロナウィルスの影響で延期も【ニュース】

アジアの仮想通貨関連のイベントが、コロナウィルスの影響を受けている。

毎年、香港で開催されている仮想通貨イベント「TOKEN2049」は、当初20年3月中旬に予定されていたが、開催を10月に延期した

TOKEN2049のチームは次のように説明している。

「過去数週間にわたり、コロナウイルスの世界的な拡大を綿密に監視してきました。香港は状況をうまく管理しており、潜在的な影響を封じ込めるために厳格な予防措置を講じていますが、不確実性が広がっています」

香港の仮想通貨企業への影響も

報道によれば、香港はコロナウィルスを抑え込むために中国本土との境界を閉鎖する計画を発表したが、現地でのデモ活動により不確実な状況だ。

香港拠点の仮想通貨スタートアップ企業ビットスパークは最近、内部のリストラの問題を理由として今週はじめに事業を停止したが、その説明の中ではコロナウィルスの影響についても触れている。

バイナンスのイベントも延期

TOKEN2049だけが影響を受けたイベントではない。仮想通貨取引所バイナンスは、当初2月29日~3月4日で開催を予定していたバイナンス・ブロックチェーンウィーク・ベトナムの開催を延期すると発表している。バイナンスは登録者への払い戻しを行い、イベントの開催日は改めて発表するとしている。

「遅延による不便を心からお詫び申し上げます。バイナンス・ブロックチェーンウィークに登録している場合は、イベント登録プラットフォームから全額払い戻しを受けることができます[...]このイベントの今後の更新については、改めてお知らせします」

1月下旬には、香港ブロックチェーンウィーク2020が、3月に開催される予定だったイベントを保留すると発表している。イベント主催者は、新しい日程については決定され次第、発表するとしている。

コロナウィルスと戦う仮想通貨コミュニティ

コロナウィルスは仮想通貨・ブロックチェーン業界に影響を与えているが、この分野では多くの人々や企業がコロロウィルスと戦うためのイニシアティブに取り組んでいる。

ブロックチェーンアプリ開発企業のAcoerは、コロナウィルスを追跡するためのデータ視覚化ツールを作成した。ヘデラハッシュグラフの分散型台帳技術を使い、研究者や科学者やジャーナリストがAcoerのHashLogダッシュボードに表示される視覚化ツールを通じて、コロナウィルスの広がりやその傾向を知ることができる。

中国のハイパーチェーン (Hangzhou Qulian Technology)は、新型コロナウイルス感染症をめぐる対策として、ブロックチェーン基盤プラットフォームを公開している。これは病院をサポートするため、医療用品の寄付ポータルとして機能するものだ。

バイナンスのジャオ・チャンポンCEOは、中国のコロナウィルスの震源地となった武漢を支援するため、150万ドルの寄付をすると発表している

また、ブロックチェーンのマーケティングサービスを手がけるクリピタル(Krypital)も25日、医薬品を集めるための慈善活動を開始。こうした寄付活動の透明性と効率性を高めるためにブロックチェーン基盤の寄付システムを作成することも明らかにした。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン