仮想通貨XRP(リップル)などアルト勢が復活 ビットコイン下落を尻目に|背景にバイナンスUS?

9月18日の仮想通貨市場は、XRPをはじめとしたアルトコインが主導で動いている。背景には18日に立ち上がるバイナンスUSがあるかもしれない。

(出典:Coin360

ビットコインがマイナスで主要アルトコインがプラス。ここ数ヶ月間、はっきりと見られなかった現象が出ている。

18日午前9時までの24時間でXRPは10%近く、イーサリアムは5%超、ビットコインキャッシュは3%以上、ライトコインは3%近く、上昇。一方、ビットコインは若干の下落となっている。

バイナンスUSとアルトコイン上昇

背景にあるのは、バイナンスUSの立ち上げかもしれない。

バイナンスUSは18日に口座登録を開始する。取引対象は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)とテザー(USDT)であり、18日に急上昇したアルトコインが全て含まれている

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンスUS、18日に立ち上げも NYなど13州で取引できず

アルトコイン復活の兆しは先週末から見られていた。

16日にイーサリアムが急伸したほか、14日には日本で人気のモナコインが急騰していた

【関連記事:仮想通貨イーサリアム急伸、ついに目覚めたか

【関連記事:日本で人気の仮想通貨モナコイン、午前中に一時20%以上急騰

ただ、最近の相場の動きについて2018年の弱気相場と酷似していると警鐘を鳴らすトレーダーもいる

【関連記事:仮想通貨ビットコイン、2018年の動きと類似 歴史が繰り返えせばさらなる下落に注意