ブロックチェーン修士号や仮想通貨の新たな規制 今週の仮想通貨・ブロックチェーンニュースサマリー(5月27日~31日)

今週はビットコインが9000ドルに突入した途端に急落するなど相場が激しく動いた1週間だった。それ以外にも日本金融庁が仮想通貨に関する新たな規制を定めたほか、ブロックチェーンに関する学習コンテンツが相次いで登場するなど、幅広いニュースがあった。週末に1週間のニュースをおさらいしておこう。


9000ドル突入も...

31日の午前1時ごろにビットコインが9000ドルに突入するも直後に急落。今回の高騰にはさまざまな分析が出ており、ファンダメンタルズが基づいている上、フェイスブックやJPモルガンといったメジャー企業の進出によって、ユースケースを持ち始めているとの声が出ている。

bitpay

【「2017年のビットコインは”ヒステリー”で上昇 今回は違う」仮想通貨決済のビットペイ幹部が理由を説明】

【仮想通貨ビットコイン高騰で韓国が全政府会議、1000万ウォン突破で】

【仮想通貨ビットコイン上昇の背景に中国の人民元安や新たな取引所への「熱狂」、サスケハナのデジタル資産トップが分析】

仮想通貨交換業者の規制強化、参議院で可決

かねてから議論されていた仮想通貨規制に関連した法案が参議院で可決された。仮想通貨交換業者の規制強化が盛り込まれ、日本の仮想通貨業界は新たな一歩踏み出したことになる。

FSA

【新たな仮想通貨規制の導入へ、改正資金決済法と改正金融商品取引法が成立】
 

履歴書にブロックチェーン修士号が誕生する?

アイルランドの大学が初めてブロックチェーンの修士課程を新設したほか、アイビーリーグの名門大学がオンライン教育講座を解説するなど、仮想通貨やブロックチェーンの裾野が広がる話題が入ってきた。さらにプロ向けの技術ガイドをコンセンシスが配布していた。興味のある読者は週末に挑戦してみてはいかがだろうか。

master

【アイルランドのダブリンシティ大学、ブロックチェーン技術の修士課程を新設】

【米ペンシルベニア大学、仮想通貨やブロックチェーンなど学ぶオンライン教育講座を開設】

【コンセンシス、給与情報や企業リストもまとめた開発者向けブロックチェーン技術ガイドを配布】

TAOTAOや楽天の取引所も活動活発化

ヤフー出資のTAOTAOが取引スタートしたり、楽天ウォレットがマネロン対策の強化を目指すなど、日本の大手企業のニュースも多くあった1週間だった。

taotao

【ヤフー出資の仮想通貨取引所TAOTAO、予定通り本日より取引スタート】

【仮想通貨取引所の楽天ウォレット、サイファートレースと提携 マネロン対策の強化目指す】