António Madeira

António Madeira is a cryptocurrency enthusiast and writer from Portugal. Drawn by the potential for world change found in cryptocurrencies, and fascinated by their technical and economic aspects, António has been writing about blockchain technology, cryptocurrencies and fintech for publications since 2016.

記者の投稿

市場分析
イーサリアム(ETH)価格は先月、340ドルから350ドルのレンジに留まっているが、複数のオンチェーン上の指標は、回復が進んでいる可能性があることを示唆している。
仮想通貨イーサリアム、オンチェーンの指標は強気相場にあることを示唆
António Madeira
2020-10-07T18:11:12+09:00
3492
マーケット
デジタル資産データを手掛けるクリプトコンペア(CryptoCompare)による最近のレポートによると、仮想通貨(暗号資産)の上場投資商品(ETP)の総取引高が9月に大幅に減少した。
仮想通貨の上場投資商品(ETP)、9月に取引高が減少 | ビットコインの値動きが影響か
António Madeira
2020-09-26T15:14:02+09:00
3953
市場分析
分散型金融(DeFi)は、仮想通貨(暗号資産)の嵐を引き起こし、保有者に幅広いオプションを提供し、仮想通貨とステーブルコインの保有で高利回りの収益を獲得した。DeFiは、YFIやLENDのようなガバナンストークンや報酬トークンの価格に大きな反発をもたらしただけでなく、仮想通貨への新たな関心をもたらした。
分散型金融(DeFi)への投資、イーサリアムのクジラはどのくらい稼いでいるのか?
António Madeira
2020-09-24T12:13:17+09:00
2319
マーケット
仮想通貨(暗号資産)保険のエバータスが発表した調査によると、機関投資家は今後、ビットコイン(BTC)などのデジタル資産への投資を増やす意向を示していることがわかった。
機関投資家の90%が今後5年で仮想通貨の出資比率を引き上げると回答=調査
António Madeira
2020-09-23T09:49:00+09:00
3022
マーケット
仮想通貨取引所バイナンスのステーブルコイン、バイナスUSD(BUSD)の時価総額が急成長している。バイナンスが分散型金融(DeFi)に注力している一端とみられる。
仮想通貨取引所バイナンスのステーブルコインBUSDが急成長、DeFiでの活用が狙いか
António Madeira
2020-09-16T11:32:06+09:00
1992
市場分析
DeFiプロジェクトと、イーサリアム(ETH)やカルダノ(ADA)などのスマートコントラクトプラットフォームにすべての目が向けられているため、仮想通貨(暗号資産)の世界のいくつかのセクターが取り残されているようだ。最も顕著なのが、XRPやステラ(XLM)といったクロスペイメント・プラットフォームだ。
分散型金融(DeFi)ブームで苦戦するアルトコイン、XRPやプライバシーコインなど
António Madeira
2020-09-09T14:37:16+09:00
5244
市場分析
オンチェーン分析企業のフリップサイド・クリプト(Flipside Crypto)のデータによると、分散型金融(DeFi)のエコシステムでは、ステーブルコインのUSDコイン(USDC)が活発に使われていることが明らかになった。
分散型金融(DeFi)ユーザー、ステーブルコインのUSDCを活発に利用
António Madeira
2020-09-02T17:18:20+09:00
2769
マーケット
仮想通貨(暗号資産)イーサリアムの取引手数料であるガス代が1日に過去最高に達した。
仮想通貨イーサのガス代が過去最高値更新、マイナーに好材料でも持続可能性に懸念
António Madeira
2020-09-02T09:20:44+09:00
3743

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー