Election News

An election is a type of formal decision-making process made by a population to choose an individual to hold public office. Elections are a crucial part of a democracy and for building strong governmental institutions. In countries with free and uncompromised elections, candidates need to perform at the top of their capabilities to gain enough votes to take the position they want or to stay in the position that that have already been holding for another term. However, elections results are often compromised by political powers that are in charge during the election. Current state of technology provides an opportunity to eliminate risks of malicious intervention into the voting process by performing elections using blockchain. Blockchain technology elections will record all the votes into a public blockchain with no possibility to change them afterwards.
ニュース
米共和党の全国共和党下院委員会(NRCC)は、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨による寄付受付を開始した。NRCCは、共和党の選挙活動の調整を担当する組織だ。
米共和党、ビットコインなど仮想通貨による寄付受付を開始
Helen Partz
2021-06-18T14:38:38+09:00
1067
ニュース
米国の一部政党が選挙プロセスの完全性に挑戦し続ける中、研究者グループは、インターネットベースの投票システムやブロックチェーンベースの投票システムを将来的に使用することに反対している。
MITのサイバーセキュリティ専門家、「選挙にブロックチェーン利用することはリスク高める」
Turner Wright
2020-11-16T16:10:00+09:00
5861
ニュース
13日にABCのニュース番組「GMA3: What You Need To Know」のインタビューで、上院議員候補のシンシア・ルミス氏はビットコイン普及を支持し、「ビットコインを国民的な話題にすることを望んでいる」と語った。
ワイオミング州議員候補「ビットコインを国民的な話題に」
Andrew Thurman
2020-11-16T08:46:04+09:00
1426
ニュース
レイヤーXは5日、茨城県つくば市で、つくばスマートシティ協議会に加入したと発表した。同社の研究開発組織レイヤーXラボがブロックチェーンを使った電子投票実現に向けて協力する。
レイヤーX、つくば市で電子投票の研究開発進める スマートシティ協議会に加入
Husayn Hashim
2020-11-09T09:15:25+09:00
3162
ニュース
2020年の米大統領選挙は、仮想通貨(暗号資産)を利用した予測市場全体で大きなマイルストーンとなった。
仮想通貨を使った予測市場、米大統領選挙で記録的な取引高をマーク
Samuel Haig
2020-11-05T15:58:14+09:00
3857
価格分析
多くの投資家やトレーダーは、米大統領選の選挙期間中に大規模なボラティリティが発生すると予想していたが、現在のところ何も起きていない。仮想通貨(暗号資産)ビットコイン価格は安定しており、14000ドルのレジスタンス付近で推移している。ビットコイン価格は過去24時間を通じて株式市場と連動して動いている。
現在のビットコイン値動き、2016年の選挙時の価格と似ている理由 結果判明後に上昇?
Michaël van de Poppe
2020-11-05T10:58:50+09:00
7979
ニュース
AP通信は、11月3日に行われた米国大統領選挙の結果をイーサリアムとEOSのブロックチェーン上に公開している。
AP通信、米大統領選結果をイーサリアムとEOSブロックチェーン使って公開
Jack Martin
2020-11-05T08:15:51+09:00
1560
市場分析
短期間でビットコインが上昇した理由は米大統領選、株高、マイナスの資金調達率、取引所からの資金流出増加の4つの要因だろう。
米大統領選で上昇か? 仮想通貨ビットコインが急騰した4つの理由
Joseph Young
2020-11-04T11:05:00+09:00
4866
ニュース
米リップル社は、米国で公正な投票へのアクセス確保に向けて、超党派の企業グループに参加した。
リップルとペイパル、ツイッターが公正な選挙に向けた企業グループに参加
Turner Wright
2020-11-03T12:30:00+09:00
2625
市場分析
民主党のジョー・バイデンが勝つのか、それともドナルド・トランプの再選となるのか。どちらにしても、ビットコイン(BTC)にとってはプラスになるかもしれない。デジタルカレンシーグループ(DCG)やグレイスケールを率いるバリー・シルバート氏は、トランプとバイデンのどちらが勝ってもBTC価格を後押しすることになると指摘している...
トランプかバイデンか? 米大統領選挙の結果がどちらでも「ビットコインが勝つ」=グレイスケールCEO
Joseph Young
2020-10-30T16:49:37+09:00
4337
ニュース
2020年の米大統領選挙が近づくにつれ、ツイッター上の2人の仮想通貨(暗号資産)トレーダーがビットコイン(BTC)価格にどのような影響があるのかを予測している。
1ヶ月を切った米大統領選挙、仮想通貨ビットコインの価格への影響は?
Benjamin Pirus
2020-10-10T14:29:15+09:00
5567
ニュース
来月3日に行われる米大統領選で、民主党候補のジョー・バイデン前大統領が勝利すれば、仮想通貨ビットコイン(BTC)には追い風だがDeFi(分散型金融)にとっては逆風だという見方をブルムーバーグが最新のニュースレターで掲載した。
米大統領選、バイデン勝利は仮想通貨ビットコインに追い風・DeFiに逆風?
Michael Kapilkov
2020-10-10T06:20:57+09:00
6318
アナリティクス
ビットコイン(BTC)価格は11,000ドルのレジスタンスからの急反落の後、軟調な展開が続いている。2020年第4四半期に突入したが、足元での市場心理は依然として慎重で中立的なままだ。しかしビットコインはいくつかの要因により、第4四半期に大幅な下落に直面する可能性もある。
仮想通貨ビットコイン、第4四半期はどうなる? 前回の半減期後には好パフォーマンス
Joseph Young
2020-10-01T17:42:16+09:00
3280
ニュース
2020年11月に迫った米大統領選挙。9月30日に行われた最初のテレビ討論会は明確な勝者がいるというわけではなかったが、仮想通貨(暗号資産)を使った予測プラットフォームはこの機会で盛り上がりを見せている。
米大統領選挙でトランプ再選となるか? テレビ討論会後に仮想通貨予測市場は大きく変動
Samuel Haig
2020-10-01T14:56:49+09:00
2943
ニュース
米財務省は9月10日、米国の選挙に干渉しようと工作していたロシア人を制裁対象のリストに加えた。この中で、制裁対象となった複数のロシア人ハッカーと関連する仮想通貨(暗号資産)ウォレットアドレスがリストアップされている。
米財務省、選挙干渉に関与したロシア人ハッカーの仮想通貨アドレスを制裁リストに
Michael Kapilkov
2020-09-11T13:50:31+09:00
2404
ニュース
米郵政公社(USPS)は最近、ブロックチェーン技術を利用する投票システムの特許を申請した。米国のダーレン・ソト下院議員は、コインテレグラフからのインタビューに応え、この分野での将来の発展について期待感を表明した。
米下院議員がブロックチェーン投票に期待感、米郵政公社の特許申請受け
Benjamin Pirus
2020-08-26T16:10:31+09:00
1585
ニュース
ディズニーの元子役で仮想通貨(暗号資産)業界の重鎮、ブロック・ピアース氏が米大統領選に立候補した。
カニエ・ウェスト氏に続きこの人も?仮想通貨業界の重鎮が米大統領選に出馬
Ting Peng
2020-07-06T07:22:00+09:00
2243
ニュース
インドは、登録地域外など離れた場所からでも選挙投票できるブロックチェーンシステムを開発する。タイムズ・オブ・インディアが2月13日に報じた。同国の選挙管理委員長であるスニル・アローラ氏は、投票率が上がることが期待できると述べている。
インド、ブロックチェーンの選挙投票システムを開発へ 投票率向上に期待【ニュース】
Adrian Zmudzinski
2020-02-18T14:06:07+09:00
665
ニュース
米国のEコマース大手オーバーストックCEOおよびメディチ・ベンチャーズ社長を務めるジョナサン・ジョンソン氏は2月13日、MIT(マサチューセッツ工科大学)が実施したセキュリティ分析について異議を表明、ブロックチェーン基盤のモバイル投票アプリ「Voatz(ヴォーツ)」を支持すると発表した。MITは、Voatzがぜい弱性を...
米大統領選の民主党候補者選トラブル、ブロックチェーン基盤のモバイル投票アプリに飛び火【ニュース】
Ana Alexandre
2020-02-16T12:00:00+09:00
2452
ニュース
仮想通貨デリバティブ取引所FTXは2020年の大統領選で、バーニー・サンダース氏が勝利することに賭ける先物商品「BERNIE-2020」を発表する予定だ。5日にはトランプ大統領が再選することに賭ける先物「TRUMP-2020」を発表している。FTXがコインテレグラフに明らかにした。
仮想通貨デリバティブ取引所FTX、トランプ先物に続き、「バーニー2020年」など5つの先物も発表へ【ニュース】
Benjamin Pirus
2020-02-10T11:50:00+09:00
2064
ニュース
バージニア州のハラ・アヤラ議員が州政府に選挙でのブロックチェーンの利用に向けて調査を進める議案を提出していたことがわかった。
バージニア州議会議員、選挙にブロックチェーン使用求める決議提出【ニュース】
Joeri Cant
2020-01-07T08:45:00+09:00
632
ニュース
選挙関連の慈善活動を行う非営利団体タスク・フィランソロピーが10月18日、ブロックチェーン基盤のモバイル投票アプリ「ヴォーツ(Voatz)」の試験運用のため、米オレゴン州のユマティラ郡とジャクソン郡と提携したと発表した。海外の基地で勤務している現役軍人およびその扶養家族の不在者投票に活用する。
米国で広がるブロックチェーン投票 米オレゴン州でモバイル投票アプリの試験運用【ニュース】
Joeri Cant
2019-10-20T08:59:44+09:00
1210
ニュース
米連邦捜査局(FBI)は、ミシガン大学の学生がウェストバージニア州の投票アプリをハッキングした容疑で捜査中だ。CNNが5日に報じた。同州では2018年の米中間選挙で、ブロックチェーン技術を使った不在者投票を実施したが、その選挙中にハッキング未遂が発生したという。
米ウェストバージニア州のブロックチェーン投票アプリでハッキング未遂、FBIが大学生を捜査
Joeri Cant
2019-10-10T18:51:09+09:00
1096
ニュース
米名門スタンフォード大学出身のエンジニア、アガサ・バセラー氏(27)は、来年3月にカリフォルニア州で行われる予備選挙で民主党から出馬し、ペロシ議員と議席を争う。
米国の若いビットコイン支持者、民主党の重鎮ペロシ議員に挑戦 仮想通貨で献金受付開始
Helen Partz
2019-10-03T07:50:00+09:00
1246
ニュース
米国で仮想通貨を活用した政治献金が広がっている。コインデスクの28日の報道によれば、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で選挙の立候補者に献金する取り組みが始まった。
ICOで政治献金 米国の政治団体が計画 | ユーティリティトークン発行で候補者支援
Helen Partz
2019-08-29T12:52:00+09:00
814
ニュース
ニューハンプシャー州キーン市の市長選挙において、仮想通貨ビットコイン(BTC)支持者リッチ・ポール氏が、法的手続きを経て正式に「ノーバディ(Nobody)」(名もなき人)という氏名に変更した上で立候補した。主要な立候補者2名に代わるものを提供することが目的だという。仮想通貨およびリバタリアン(個人・経済における自由至上...
米国の仮想通貨ビットコイン支持者、「ノーバディ(Nobody)」に氏名を変えて市長選に立候補
Jack Martin
2019-08-25T11:00:00+09:00
2595

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー