プレスリリース
Own this piece of crypto history

Collect this article as NFT

2021年3月25日、Bingbon日本語公式Twitterで人気通貨に関する投票が行った。結果は次のよう。現時点、43名の投票があり、また、投票も進行中だが、ビットコインがすでに60.5%の人気を獲得し、他の通貨より圧倒的な人気である。

世界中で発行されている1,000種類以上の暗号資産の時価総額ランキング、または、現在取引価格、取引量、過去価格推移などを一覧できる高公認度サイトであるCoinMarketCapでは、ランキングトップ1を獲得している。

BingbonもCMC(CoinMarkeCapの略)にリリースしており、世界中にデータを公開している。いつでもチェック可能。CMCサイトを開い、取引所へ移動、デリバティブを選択するだけで、Bingbonがランキングに表示され、毎日リアルタイムのデータを確認できる。初心者に対し、とても便利だ。

ビットコインと取引方法とは?

ビットコインは、世界中で最も人気があって流動性が高い暗号資産の1つ。Bingbonもグローバル利用者500,000人以上を超え、20種類以上取扱の暗号資産取引ツールであり、24時間カスタマーサポートを提供している。

Bingbonの概要

Bingbon Exchange、2018年に設立、暗号資産デリバティブ契約取引プラットフォームである。暗号資産だけでなく、外国為替、インデックスなどの他の金融商品も扱っている。

2018年より、英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語、日本語、ロシア語、ベトナム語、スペイン語、インドネシア語を含め、PC版とアプリは9種類言語を提供している。各地域も自分のコミュニティを保有して運営している。2020年には日本を始め多くのトレーダーを獲得すべくグローバル展開を押し進め入金ボーナスなど魅力的なキャンペーンを展開している。

ビットコイン取引とは?

ビットコイン取引は収益性がある。しかし、スクが高く、利用者に対してやや技術的だ。ただし、いつどのように取引するかを知ることは非常にやりがいがある。一部のトレーダーは、相場情報の変動傾向に基づき、または、彼らの単になる判断を使用し、ビットコインの変動価格を予測する。

従来の市場では、人々は取引所で現物ビットコインを購入し、ビットコインの価格が上昇すると利益を獲得できる。現物取引に関連する最大の問題は、ビットコインの価格が下落した場合、トレーダーが損失に対して脆弱であるということだ。

最近、より多くのビットコイントレーダーがデリバティブ商品に投資し、市場に参入している。この投資方法により、ビットコインの価格が下落に変動しても利益を得ることができまる。このようにして、彼らはビットコインの高変動性を最大限に活用することも可能だ。

Bingbonでは、トレーダーはさまざまなデリバティブ商品を使用して自由に契約取引をすることができる。さらに、ビットコインの現物を保有することなく、ビットコインの価格変動に投資することもできる。(契約取引)したがって、ビットコインを保有するリスクについて心配する必要がなくなる。

ビットコイン6万ドル超えた記録

世界で最もよく知られている仮想通貨であるBitcoin(BTC、ビットコイン)の価格は、2021年始めで6万ドルが超えた。その勢いで、ほかの暗号資産の価格も高騰し、一時的にニュースになった。日本国内のみならず、全世界より注目され、各取引所や取引プラットフォームの取引量も最高値を更新した。

そこで、今まで興味が持った無かった利用者が参入し始め、暗号資産の現物保有だけではなく、デリバティブ商品も注目されている。

ビットコイン価格変動に影響

Bingbonの調査によると、価格が非常に不安定なビットコイン相場の機会を利用したいことは、簡単ではない。ビットコインの価格に影響を与える要因を基本的に理解するだけでは足りない。

ビットコインの供給:現在、ビットコインの現在の供給は2100万に制限されている。ただし、その上限は2140年までに解消されると予想されている。供給が限られているため、数年以内に需要が増加すると、ビットコインの価格はさらに高くなる可能性がある。

金融システムの統合:ビットコインは従来の通貨を打ち負かし、新しい支払いシステムに統合する? もしそうなら、ビットコインの需要が高まる可能性があり、それがビットコインの価格にプラスの影響を与えるだろう。

重要なイベント:規制、政治、セキュリティ違反、マクロ経済の発表の変更は、ビットコインの価格に影響を与える可能性もある。

グローバルコンプライアンス

Bingbonはグローバル事業展開のため、グローバルコンプライアンスに対して努力し、グローバル利用者に多言語の最高のサービス体験を提供したいと経営方針となる。そのため、オーストラリア政府発行のAUSTRACライセンス、アメリカ政府発行のMSBライセンス、およびEU政府発行のMTRライセンスを正式に取得した。

ビットコイン価格変動よる収益方法

ポジションを注文することで価格差を稼ぐことができる。たとえば、価格が低いときにビットコインを購入し、価格が高いときにビットコインを販売する。これはビットコインを取引する最も簡単な方法だ。いわゆる、現物売買。

契約取引におけるロング?ショート?

ビットコイン市場は急速に変化している。ビットコインの価格が下落した場合、ショートポジションを注文することで利益を得ることができる。

TP/SL(利食&損切機能)の活用

TP/SL(利食損切機能)を使用すると、利食いしたいときや損切りしたいときにポジションを決済することが事前に設定可能。利食いの場合は、取引口座へ直接に配布され、損切りの場合は、口座残高から差し引かれる。リスクを低くなり、初心者の利用もおすすめ。

ビットコイン価格変動に注意

ポジションを注文すると、ビットコインの価格が上がることを予測できてビットコインを購入する必要がある。それに対して、ビットコインの価格が下がると判断しいる場合は、売る必要がある。

ただし、ビットコインの価格を注意深く観察することが必要であり、期待する方向に動くかどうかを確認する必要がある。

次のビットコイン価格を決定するのに役立つテクニカル指標がBingbonで利用可能。これらの指標を使用すると、ボラティリティレベルや市場センチメントなどの現在相場の市況を観察することも可能である。


$DOGEと$AAVEペア上場

Bingbon、2021年3月より、世界有名なテラスのCEOであるELON MUSK氏にもサポートしていて人気のある$DOGE、そして、世界有名な分散方金融(DeFi)プラットフォームである$AAVE、とUSDT取引ペアを上場した。

世界中でよく知られている人気通貨が猛烈な流動性があり、利用者に対して魅力的だと考え、これからも、どんどん提供していく予定である。

BingbonはDOGEに対し、投票も行った。現時点33名の投票があり、「持っていません」の方が多い。

Trading View上場

TradingViewとは、FX利用者や暗号資産取引利用者などがブラウザで利用できる高性能チャートツールである。
2020年より、Trading Viewに上場している。Bingbonツイッターは毎日BTC/USDT相場変動を随時に公開しており、フォロワーに最新情報を提供している。

Tradingbotシグナルー戦略ボットに参考


Trading ViewチャートでいつでもBingbonの情報を閲覧可能、おすすめ。Trading Botの利用者もトレンドを更新する際、Bingbonで注文することが最近増加しつつあるBingbonの利用者のフィードバックにより、初心者に対して非常に優しいというコメントを得た。
また、BingbonはTradingbotと提携しており、TradingView上にそのままでトレーディングボットを設置することができる。アプリによる通知で速やかに注文し、変動情報が随時に届けている。非常に便利。シグナルを参考しながら、注文で利益を獲得した利用者が最近増えている。

Bingbon毎日シグナル無料公開 →Bingbon日本語Twitter

特徴

2021年 3、4月イベント・キャンペーン企画一覧

新規登録キャンペーン

新規登録はこちら

定番のトレーディングコンテスト&賞金

人数&金額の上限なしー入金キャンペーン

クチコミ宣伝サポートーブログ投稿

クチコミ宣伝サポートーブログ投稿はこちら

4月イベント予定表

4月1日AMAイベント開催予定

質問募集中はこちら

お得な情報

日本限定キャンペーン開催中、Bingbonプラットフォームのすべてのキャンペーン併用可能。ぜひ、ご利用ください。

公式サイト公式Twitter | 公式Telegram | 最新版アプリ iOSAndroid  | 新規登録 | ブログ 


本件に関するお問い合わせ
BINGBON AUS PTY LTD
担当: Tanaka Rie 
連絡先Email:Japan@bingbon.com(日本語対応可)

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー