仮想通貨取引所Zaif、ビットコインSVに相当する日本円をユーザーに付与【ニュース】

仮想通貨取引所Zaifは、2018年のビットコインキャッシュのハードフォークによって生じたビットコインSV(BSV)を日本円に変換してユーザーに付与すると発表した

1BSVあたり1万6855円で、BSV割当数量に相当する日本円をユーザーに付与する。

対象となるのは、BCHブロックチェーンにおけるブロック高556,766ブロック(2018年11月16日午前2時52分)時点で、ZaifのアカウントでBCHを保有していたことだ。また現在でもZaifで本人確認済のアカウントが必要だ。

日本円付与のタイミングは、2月12日に予定されているフィスコ仮想通貨取引所とのシステム統合以降になる予定。具体的な日程については改めて周知するという。

BSVの日本円付与はビットフライヤーも既に行っている

【関連記事:フィスコ仮想通貨取引所とZaif、2月12日にサービス統合へ

【関連記事:仮想通貨取引所Zaif、ビットコインとモナコインの決済サービスが再開

【関連記事:Zaifの元運営企業、テックビューロが仮想通貨交換業の廃業を発表 登録業者として初の廃業

【関連記事:仮想通貨取引所Zaif、レバレッジ倍率に4倍を追加

【関連記事:巨額仮想通貨ハッキング事件から7カ月 Zaif モナコインの現物取引を来週再開へ

【関連記事:仮想通貨ビットコインSV高騰は「大バカ者による投機」クレイグ・ライト氏が批判