仮想通貨XRP(リップル)暴騰で一時30%超上昇 ビットコインの独走態勢に待った

今年、仮想通貨時価総額トップ10の中でパフォーマンスが悪かったXRP(リップル)が急上昇している。

執筆時点(5月15日0時)までの24時間で約27%のプラス。上昇幅は一時30%を超えた。

仮想通貨XRP(リップル)/米ドルチャート

(出典:TradingView「XRP/米ドル(1日)」)

13日、XRPには好材料が相次いだ。

米国最大の仮想通貨取引所コインベースがニューヨーカーもXRPの取引ができるようになったと発表し、ドイツ2番手の証券取引所シュツットガルト証券取引所は、XRP(リップル)のETN(上場投資証券)上場を発表した。

XRP急騰が始まる直前、調査会社のDiarは、時価総額2位イーサリアム(ETH)と同3位のリップル(XRP)との価格差は過去最高に近づいているというリポートを公開していた

また、イーサリアムやXRPはユースケースの証明が必要であるため、ビットコインと同じ速度で上昇しないという見方も出ていた

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版