米財務省、助成金受領者向けブロックチェーン基盤の支払いシステム 試験をほぼ完了

米財務省は、助成金受領者に向けたブロックチェーン基盤の支払い機能のテストをほぼ完了した。ザ・ビジネス・オブ・フェデラル・テクノロジーが1月10日に報じた

同省は、ブロックチェーン基盤の支払いシステムの運用において、ブロックチェーンがより効率よく提供できるかどうかを検知するよう構築されたプログラムを公開。現在、助成金受領者に向けたブロックチェーン基盤の信用状の概念実証をほぼ完了させたという。

同プログラム運用に関し、改革プログラムマネジャーのクレイグ・フィッシャー氏は、同プラットフォームは、電子信用状をトークン化して受領者に送信する仕組みだと説明。支払いを追跡するのに役立ち、より安全なトランザクションが実行できると述べている。

同追跡機能はまた、同政府が受領者の個人認証(ID)や助成金額などのデータを閲覧することも可能だとしている。

また、トークン化された信用状を受理するためには、受領者は、銀行口座と紐づいた電子ウォレットを持つ必要がある


今回のテストは1月末で終了する予定だという。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン