仮想通貨の秘密鍵保管できるサムスンのギャラクシーS10 「エンジン・ウォレット」搭載しERC-1155対応か

ブロックチェーンゲーム関連企業「エンジン」が、サムスンの新スマートフォン「Galaxy(ギャラクシー)S10」のパートナーとして選ばれ、同社ウォレットアプリ「エンジン・ウォレット」(Enjin Wallet)がインストールされるという観測が浮上している。エンジン・ウォレット自体は、すでにアンドロイド用iPhone/iPad用がリリースされており、仮想通貨イーサリアム(ETH)のERC-20トークンの取引、またERC-1155ベースのブロックチェーンゲームのアセット送受信に利用できる。2月25日、匿名の情報筋が明らかにしたとアジア・クリプト・トゥデイが報じた

Enjin Wallet reportedly used in Samsung blockchain keystore

向かって左側に「サムスン・ブロックチェーン・キーストア」、右側にはエンジン ウォレットが掲載。ソース: shop.tworld.co.kr

匿名の情報筋は、韓国第2位の通信企業SKテレコムの直販サイト(T world Direct)に掲載されている画像を提供。この画像には、向かって左側に「サムスン・ブロックチェーン・キーストア」、右側にはエンジン ウォレットが掲載されている。さらに画像上のエンジン・ウォレット画面には、約2000万人が登録済みといわれるゲームプラットフォーム「エンジンコイン」(ENJ)、デジタル広告で利用されるETHベースのトークン「ベーシック・アテンション・トークン」(BAT)が表示されている。

アジア・クリプト・トゥデイによると、この情報筋は、エンジン・ウォレットはギャラクシーS10にインストールされ、3100万人以上のユーザーが利用すると予想しているという。

ウィテク・ラドムスキ氏が共同設立者兼CTOを勤めるエンジンは、ETHベースのブロックチェーンゲーム内でアイテム売買をしやすくするトークン規格ERC-1155を提唱・開発したことで知られている。ERC-1155は、代替可能(ファンジブル)のERC-20規格と代替不可能(ノンファンジブル)のERC-721規格両方の特徴を備えること、またこれらをまとめて取り扱えることが特徴だ。代替可能(ファンジブル)とは、ゲームでいえば価値が一定の(一般的な)剣や盾などにあたり、代替不可能(ノンファンジブル)はゲーム内に1つしかない伝説の剣・盾など独自性を備えたものを指す。

エンジン・ウォレットは、すでにアンドロイド用とiPhone/iPad用がリリースされており、ユーザーは仮想通貨ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、すべてのERC-20またERC-1155ベースのデジタルアセットを取引できる。

サムスンは20日、最新スマートフォンであるギャラクシーS10を発表した際、利用者は仮想通貨の秘密鍵を保管できると発表した。サムスンは当初、仮想通貨ウォレット搭載「噂」と否定していたが、韓国の暗号通貨アナリスト、ヘスリン・キム氏がビデオをツイートし共有。それがギャラクシーS10のブロックチェーン関連チュートリアルであると主張し、ウォレットの使用方法を説明した。キム氏によると、サムスンは”アップルを用心させないよう”ウォレットへの言及を避けているという。