仮想通貨取引所バイナンス、初のカンファレンスとハッカソンの開催を発表

仮想通貨取引所バイナンスが、初のカンファレンスを開催することを発表。同社が12月6日、コインテレグラフに送ったプレスリリースで明らかにした。

バイナンス初のカンファレンスである「バイナンス・ブロックチェーン・ウィーク」は来年1月、シンガポールで開催される。プレスリリースによれば、このカンファレンスは4日間に渡り70名を超えるゲストスピーカーが登場し、50以上のブースが設置される。このカンファレンスの開催と同時に、「バイナンスSAFU(ユーザーのための安全資産)ハッカソン」も2日間に渡り行われる。このハッカソンは仮想通貨資産の安全性・セキュリティを高める為のブロックチェーンベースのツール開発がテーマとなっている。

バイナンスCEOのジャオ・チャンポン(通称CZ)は、同社がシンガポールでの開催を選んだ理由について、同国を,「アジアの金融・テクノロジーハブ」と見なしているためと語っている。またCZは、このカンファレンスは「ブロックチェーン業界の最も著名なプレイヤーや思想的リーダーたち」を招待する予定であると付け加えた。

今週これまでにバイナンスは、「今後数ヶ月以内に」独自のブロックチェーンである「バイナンスチェーン」を立ち上げる計画を発表。同日、バイナンスチェーン構想の一環として、間もなくリリース予定の分散型取引所(DEX)のセカンドプレビューも公開している。10月には、国連貿易開発会議(UNCTAD)がスイスのジュネーブで開催したワールド・インベストメント・フォーラムで、ブロックチェーン慈善財団(BCF)の設立も明らかにした

つい先月、コインテレグラフが全面的に後援する業界イベント「BlockShow Asia 2018(通称ブロックショー)」もシンガポールで開催し、2800人の来場者があった他、50人以上の講演者やパネリストが登壇している。