テキサス州、100%の利益を保証するビットコイン投資会社に停止命令

 テキサス州証券委員会(TSSB)は8日、無登録証券の販売、投資家に誤解を与える詐欺的な説明をしたとされるビットコイン投資会社に対し、停止命令を発出した。

 停止命令を受けたのは、ジェームズ・ブッチャー氏mリチャード・ダン氏の2人が代表を務める、フォレックスEA&ビットコイン・インベストメントLLC。停止命令でTSSBは、「外国為替及びビットコイン取引プログラムへの投資口の売り出しに関する詐欺」及び「実質的に誤解を与える詐欺的な行為」に関与したと指摘している。命令書にはこう記載されている。

 「被告企業フォレックスEA&ビットコインLLCは、ニューヨーク州で事業を行う有限責任会社であると主張している。これは、実質的に誤解を与えているか、さもなくば世間を欺いている可能性が高い。なぜなら、ニューヨーク州国務省企業局には、被告フォレックスEA&ビットコインのものとされるいかなる申告も登録されていないためである」

 命令書によれば、フォレックスEA&ビットコイン・インベストメントLLCはさまざまなビットコイン投資プログラムを、「21日間で100%の利益」を保証して宣伝した。またTSSBは、同社が自らの背景とビットコイン投資のリスクに関し、重大な情報を開示していなかったと主張する。

    「被告らは付随するリスクを開示することなく、外国為替及びビットコイン取引プログラムへの投資が高収益をもたらすと説明している。これは、実質的に誤解を与えているか、さもなくば世間を欺いている可能性が高い。なぜなら、外国為替及びビットコイン取引プログラムには付随するリスクが存在するからだ。それらのリスクは、仮想通貨での取引に関連するものである…」

 最近、コロラド州政府規制局(DORA)は、コロラド州の住民に対し違法なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を宣伝したとして、2社に対する捜査を進めていると発表した。DORAの担当者の説明によれば、この2社は、仮想通貨やICOへの投資のリスクに関し、自社のウェブサイトで何の情報も提供していなかった。