テザーが新たに2億5000万ドルのUSDTトークンを発行

 ステーブルコイン(安定した価値を持つ仮想通貨)のテザーは18日、2億5000万ドル(約277億円)分の新しいUSDTトークンを発行した。オムニ・エクスプローラーが伝えた

 テザーはステーブルコインと呼ばれる仮想通貨「USDT」を発行する企業だ。テザーによると、USDTは1:1の割合で米ドルに裏付けられている。テザーは、正式な監査が実施される前に監査法人フリードマンLLPとの関係を打ち切ってから、同社の透明性の欠如に対して批判を受けてきた。

 ステーブルコイン市場をほぼ独占しているテザートークンの総発行数は、現在25億USDTに達しており、批判者の中には、これらのトークンがすべて米ドルに裏付けられているというのが信じ難いと考える人もいる。

 そのような批判者の一人である匿名ブロガーのBitfinex’edは、テザーによるコイン発行とビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主流仮想通貨の価格上昇との相関関係を指摘している。コインテレグラフのBTCとETHの価格指数によると、2億5000万ドル分のテザートークンが新たに発行されてから1時間以内に、ビットコインの価格が約120ドル上昇し、イーサリアムの価格が約10ドル上昇した。

 テザーの関連会社である仮想通貨取引所最大手のビットフィネックスは、監査報告がないためいまだに立証されていない1米ドル=1USDTのレートに対し疑問を投げかけるBitfinex’edのような批判者らに対して法的措置に出ると脅した。

 ステーブルコイン市場に参戦する企業は今後増えるかもしれない。ゴールドマンサックスが出資するサークルに加えて、TrueUSD、ベーシスなどの新たな企業が独自のステーブルコインを開発し始めている。