米サークルが121億円を調達、ドル連動の仮想通貨「USDC」を今夏に発行

 ボストンに拠点を置くデジタル通貨関連商品を開発する企業であるサークルが、マイニング大手のビットメインを中心とした投資ラウンドで1億1000万ドル(約121億円)の資金を調達した。ブルームバーグが15日に伝えた。両社は、米ドルと連動したトークンを開発するプロジェクトでも提携を結んだ。サークルにはゴールドマン・サックスなどが出資している。

 今回の投資ラウンドは、サークルの企業評価を16年の評価の6倍以上となる約30億ドルにまで押し上げた。ビットメインとサークルは、法定通貨と連動したトークンである「ステイブルコイン(安定したコイン)」を開į