ビットフィネックス ニュース

ビットフィネックスは12年に香港で創業した。以来仮想通貨取引の最大級のプラットフォームになっている。このシステムは英語・中国語・ロシア語の3言語で利用可能だ。ビットフィネックスをより完全に理解するためには、このプラットフォームが顧客に何を提供しているかに注目すべきだ。その側面から見ると、この取引所はほぼあらゆる形態の入出金に対応している。簡単に使える便利な取引・分析ツールがあり、iOS用とアンドロイド用の両方のアプリがある。しかしこのシステムにはいくつか不便な点もある。アカウントを保護し本物だと確認するために、クレジットカードと自宅住所の証明書を提出する必要がある。この詳細に関する提供済みの全書類は既に英訳されている。また、手数料のかからないアカウントへの入金方法はビットコインのみだ。ビットフィネックスの最新ニュースによると、法律と規制の状況が厳しいため同取引所は17年8月に米国市場から撤退すると発表したという。