テザーが正式発表、オフショア人民元連動のステーブルコインCNHTを発行

米ドル連動のステーブルコインUSDTを発行するテザー社は9日、オフショア人民元(CNH)と連動するステーブルコインCNHTを立ち上げたと正式に発表した

イーサリアムのブロックチェーンの1つERC20トークンとしてのみ利用可能になる。

オフショア人民元は、人民元(オンショア)と異なり海外の為替市場で自由に取引される。オンショア人民元の取引は、中国人民銀行によって厳しく規制されている。

仮想通貨取引所ビットフィネックスの株主であるジャオ・ドン氏は、CNHTについて中国の資本規制を邪魔することはなく「CNHTは、CNHを国際的に普及させるという点で中国政府の手助けをするだろう」と述べていた

このほか、ドン氏によると、テザー社は金や原油、ゴムなど商品のバスケットに連動するステーブルコインの発行も計画している。

【関連記事:テザー、商品バスケット連動ステーブルコインを計画|”本当の”米ドル裏付け割合も明かす=仮想通貨取引所ビットフィネックス株主

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版