テザー、商品バスケット連動ステーブルコインを計画|”本当の”米ドル裏付け割合も明かす=仮想通貨取引所ビットフィネックス株主

仮想通貨取引所ビットフィネックスの株主であるジャオ・ドン氏は、テザー社が金や原油、ゴムなど商品のバスケットに連動するステーブルコインテザー」の発行を計画していることを明かした。

コインテレグラフの取材に対してドン氏は、商品バスケットに連動するテザーを発行する狙いは、銀行に資金を預けることのリスクを回避することだという。

現在、テザー(USDT)は米ドルに連動している。

「テザーは少なくとも83.75%の米ドルに裏付けされている」

また、ドン氏は、テザーは少なくとも83.75%の米ドルに裏付けされていると主張した。

「テザーは、準備金によって完全に裏付けされている。流通する40億USDTのうち、約33.5億ドルはセキュリティーに入っており、6億5000万ドルはビットフィネックスに貸し出されている。ビットフィネックスは、レオトークンのIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)で10億ドル調達したので、テザーにはいつでも返金できる(実際、先月、1億ドルをすでに支払った)」

ドン氏は次のように続けた。

もし6億5000万ドルを計算していないとしても、83.75%が米ドルに裏付けられていることになる(3350/4000)。だから、72%に裏付けという報道はフェイクニュースだ」

今年5月、テザーの弁護士は30日、テザー(USDT)の4分の3しか米ドルで裏付けられていないことを明かしたと報じられた。

【関連記事:テザー、100%米ドルの裏付けないこと認めるも「銀行と同じ」と開き直る

「人民元連動のステーブルコインは中国の資本規制に影響なし」

さらにドン氏は、テザーが人民元連動のステーブルコインCHNT発行も計画していることについても解説した。

「CHNTは、中国人民銀行の資本規制を邪魔しない。なぜなら、CNH(オフショア人民元)はCNY(人民元)と異なりオフショアのプロダクトだからだ。CNHTは、CNHを国際的に普及させるという点で中国政府の手助けをするだろう

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版