電気自動車メーカーのテスラ・モーターズは、保有するビットコイン(BTC)の一部を2021年第1四半期に売却し、2億7200万ドル(約294億円)の純収入を得たと26日に報告した。

テスラは、四半期決算に添付された30ページのスライドデッキの中で、ビットコイン売却の結果、1億100万ドルの「ポジティブな影響」があったと述べている
 

前年同期比では、販売台数の増加、規制クレジット収入の増加、製品コストのさらなる削減による売上総利益率の改善、およびビットコインの売却(1億100万ドルのプラスの影響、関連する減損の控除後、「構造改革・その他」の項目)によるプラスの影響が、主にASPの低下、SBCの増加、追加のサプライチェーンコスト、R&D投資、およびその他の項目によって相殺された。モデルSおよびモデルXの切り替え費用は、売上総利益および研究開発費にマイナスに影響している。

また、四半期ごとのキャッシュフロー計算書では、「デジタル資産の売却による収入」が2億7200万ドルに上るとしている。

テスラは、2月に15億ドル相当のビットコインを購入したことを明らかにし話題となった。当時、これはテスラのグロスキャッシュポジションの7.7%に相当した。また、同社は、ビットコインを自動車の代金として受け入れることを発表している。

仮想通貨以外の活動として、テスラは当四半期に4億3800万ドルの純利益を計上し、過去最高を記録した。1株当たりの利益は93セントで、売上高は103億9000万ドルだった。また、イーロン・マスクが率いるテスラは、今年の納車台数の伸びが50%を超えると予想しており、これは2021年の最低納車台数が約75万台になることを意味している。