仮想通貨に関心が高いのはミレニアル世代で年収850万円以上、米企業が調査

ブロックチェーン企業Clovrによる最近の調査によると、米国では1980年代以降に生まれたミレニアル世代が最も仮想通貨投資している世代で、ミレニアル世代の41%が仮想通貨への投資経験があった。また年間所得が高い層の方が仮想通貨投資の経験が高いこともわかった。

この調査は米国の18歳から80歳、1004名を対象に行われた。

調査対象のうち、仮想通貨に投資したことあるという人々は回答者の34%を占める。

仮想通貨に投資しているのは男性が多いようだ。性別ごとに仮想通貨への投資経験を聞くと、男性が43%だったのに対し、女性は23%だった。

仮想通貨に投資している人々のうち、その理由については「リターンが大きいこと」と回答したのが51.6%と最も多かった。次に多かったのが「仮想通貨の未来を信じているため」というので、42.6%を占めた。ほかには「知っている人が投資しているから」という回答も多く、39.4%を占めている。

所得階層別で仮想通貨への投資経験の有無を聞くと、所得の上位層が仮想通貨投資をしたことのある比率が増える傾向にあった。年間所得7万5000ドル(約850万円)~10万ドル(約1130万円)の層では47%が投資経験があり、10万ドル以上では43%を占める。2万5000ドル(約284万円)~5万ドル(約568万円)では34%、2万5000ドル以下では24%だった。

ミレニアル世代で仮想通貨への関心が高いのは、他の調査でも顕著に出ている傾向だ。調査サービス会社のユーガブの9月の調査でもミレニアル世代の48%が仮想通貨に使うことに興味があると回答。仮想通貨の将来性に前向きな回答をする比率も他世代に比べて高かった。