アトレティコ・マドリードもファントークン発行へ スポーツファン向け仮想通貨チリーズと提携

チリーズは6日、スペインのプロサッカーチーム「アトレティコ・マドリード」がファンと交流できるブロックチェーン基盤アプリ「ソシオス(Socios)」へ参加すると発表した。スペインのリーガエスパニョーラでソシオスに参加する初のチームとなる。

プレスリリースによると、ソシオスとアトレティコ・マドリードは2019年秋には、2019~20年シーズンに向けて、「ファン・トークン・オファリング(FTO、ファン向け仮想通貨発行)」を通してトークンの発行を開始する予定。

ファントークンの価格は2ユーロ。トークンを通してクラブが主催する抽選や投票への参加、プロモーション活動などに参加できる。

ソシオスには、英ウェストハムやパリ・サンジェルマン、イタリアのユヴェントスなどもすでに参加。今年7月にはイタリアセリエAのASローマがソシオスを通じてファントークンの発行を発表している。

【関連記事:ASローマが公式トークンを発行 スポーツファン向け仮想通貨チリーズと提携

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版