韓国、仮想通貨とブロックチェーンに関する新規制を議論へ

 韓国の議員らは仮想通貨、ICO、ブロックチェーン技術に関する規制を発展させる草案を発表した。コリア・タイムズが11日に伝えた

 13日〜26日に開かれる臨時国会で、議員らは新たな法律の草案を提示すると見られている。コリア・タイムズによると、最大野党の自由韓国党のソン・ヒキョン党首は、マネーロンダリングやサイバー犯罪、個人情報流出を防止するため、仮想通貨取引プラットフォームの規制を呼びかけている。

 与党である韓国民主党のパク・ヨンジン党首と自由韓国党のチャンテ・オク氏、野党正しい未来党チョン・ビョングク氏は、それぞれが仮想通貨や取引所に課す条件などに関する法案を提出すると見られている。

 正しい未来党の仮想通貨発行に関する作業部会のリーダーであるオ・セジュン氏は、仮想通貨取引所のセキュリティに関する規制は強化されるべきとしている。

 韓国議員らは次第に仮想通貨に対する姿勢を変化させている。先月、政府は昨年9月以降禁止したICOを解禁する計画を発表した。科学技術省は米国と連携し、ブロックチェーン主導の第4次産業革命を推進していく決意を固めた。

 今月初旬、韓国はブロックチェーン業界のために新たな産業区分を設置することを検討し始めた。これは7月末には出来上がると見られており、ブロックチェーン促進と規制の枠組み策定の基盤を作ることを目的にしている。

 

  • フォローはこちら: