ロシア最大国有銀行、顧客に仮想通貨の収入状況の報告を求める

ロシア最大の国有銀行ズベルバンクが顧客に対して仮想通貨からの収入状況を報告するよう要請した。ロシア版のフォーブスが17日に報じた

仮想通貨トレーディングプラットフォームのToxenbox.ioの共同創業者スメルキス氏によると、ある匿名の顧客がズベルバンクから仮想通貨収入を報告するよう求める手紙を受け取った。スベルバンクが今回の要請の根拠にしていたのは、マネーロンダリングとテロ資金供与対策だという。

ズベルバンクは、顧客の仮想通貨ウォレットアドレス、どのマイニング機械を使っているかなどの情報を求めた。

この顧客はその要求に答え、ズベルバンクに報告したという。

スメルキス氏は、ズベルバンクがロシアの法律にはまだ存在していない根拠を用いていることについて、「狼狽している」と述べた。

17日にロシアのメドベージェフ首相は、仮想通貨は人気を失っており仮想通貨規制はもはや政府の優先事項ではないと主張した

【関連記事:ロシアの首相、「仮想通貨の人気は低下、規制は優先事項ではない」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版