【速報】リップルの2019年Q4レポート、仮想通貨XRP売却額は80%超減少

リップル社は23日、2019年第4四半期(10-12月期)の決算リポートを発表した。仮想通貨XRPの売却による売上高は前期比で80%以上減少した。

2019年第4四半期のXRP売却額は、1308万ドル(約14億4000万円)。第3四半期は6624万ドル(約72億9000万円)だった。内訳は機関投資家への直接売却が1308万ドル、プログラム売却が0だった。

昨年の夏ころ、リップル社によるXRP売却が相場のマイナス材料になっているという批判が一部で出ていた。

【関連記事:想通貨XRP”フォーク”提唱者、「リップル・ワン」呼びかける専門家は問題点を指摘【独自】

【関連記事:CFTC委員長、仮想通貨XRPの証券としての可能性はまだ不明瞭

【関連記事:今後数日間はレンジ内での値動きか 仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析【価格予想】

【関連記事:保ち合い相場続く 上昇トレンド再開の条件は? 仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析【価格予想】

【関連記事:タイの仮想通貨取引所がリップルネットに参加|年内に国際送金事業開始へ

【関連記事:ビットペイ、仮想通貨XRP(リップル)のサポート開始