携帯電話のSMSで仮想通貨XRPを送金するサービス「XRP Text」、1月末でサービス停止【ニュース】

リップルのXRPレジャー開発者であるウィステス・ウィンド氏は、同氏が手掛けていた携帯電話のテキストメッセージで仮想通貨XRPを送金できるXRP Textのサービスを停止すると発表した

XRP Textは、携帯電話のSMSにコマンドを入力してメッセージを送信することにより、仮想通貨XRPの送金などが行えるサービスだ。

今回のサービス停止について、ウィンド氏は、本人確認(KYC)やマネーロンダリング規制のためだと説明している。

XRP Text自体のサービスは1月いっぱいで停止するとしており、デポジット機能などを利用しているユーザーは2月末までにXRPを引き出すように要請している。

ウィンド氏はツイッター上でXRPの投げ銭ができるXRP Tip Botの開発者でもある。XRP Tip Botは先週、ツイッター社によってアカウントが凍結されてしまった。凍結の理由に不明確なところがあり、ウィンド氏は困惑する事態となったが、その後、ウィンド氏側ではツイッター社側の措置を回避する方法を見つけている。

今回XRP Textのサービスを停止するウィンド氏だが、新たにライセンスを取得したサービスに挑戦するとしている

【関連記事:ツイッター、仮想通貨XRPで投げ銭できるアカウントを凍結 開発者は困惑

【関連記事:三井住友がSBI R3とリップル社の技術使ったマネータップに出資|ブロックチェーン使い金融サービス構築=日経

【関連記事:リップルIPO、仮想通貨XRPへの影響は?見方分かれる【独自】

【関連記事:リップル出資のマネーグラム、エジプトへの送金サービスが可能に

【関連記事:リップルCEO、2020年のIPOを示唆|仮想通貨ビットコインのデメリットも考察

【関連記事:リップル社の投資部門 仮想通貨XRPアプリ開発のXRPL Labsに出資