リップルがフェイスブック元幹部を雇用 国際送金ビジネスの追い風になるか

 仮想通貨の時価総額で3番手のリップルが11日、フェイスブックの元幹部であるカヒーナ・ヴァン・ダイク氏をビジネス・コーポレーション部門に迎えると発表した。新たな国際送金システムの構築を目指すリップルにとって追い風になるか注目だ。

 ダイク氏は、フェイスブックのほかマスターカードにも所属したことがあり、合わせて20年以上フィンテックと金融分野で経験を積んだという。フェイスブックでは、新たな支払い手段や金融サービスの開発に従事し、シティバンクやペイパル、ビザカード、ウエスタンユニオンなど名だたる金融企業とパートナーシップを組み、50カ国以上に対して金融サービスの提供を行ってきたという。

 リップルでは、ビジネス・コーポレーション部門のシニア・バイス・プレジデント職に就き、世界の金融サービス機関との提携を進めながら「国際送金における新たな世界的な技術の開発」に注力することになる。

 ダイク氏は、「決済分野における今日の一番の課題」について問われた際、国際送金システムが時代遅れであること指摘。「複雑で多岐に渡る問題を引き起こす点で最も深刻な問題の一つ」という考えを示した。ほぼ40年前に作られた現在の国際送金システムは、「リアルタイムを求める現代のビジネス需要を満たせていない」とし、大企業の決済だけを対象にするのではなく「少額でも高額でも送金スピードを早く、安くするべき」と主張した。

 国際送金をめぐる仮想通貨の競争も激しくなってきており、今月10日には英国の取引所イートロ(eToro)がビットコインなどの仮想通貨は、次世代の決済におけるメインストリームになる可能性があるという最新の調査結果を報告していた

  • フォローはこちら: