環境監視スタートアップ、大気質センサーの収集データをブロックチェーンにリアルタイム記録・公開【ニュース】

アルゴランド財団は1月24日、「アルゴランド(ALGO)」ブロックチェーンを利用した新事例として、環境監視を行うスタートアップ企業「プラネットウォッチ」の取り組みを発表した。大気質センサーで収集したデータをALGOにリアルタイムで記録・公開する、世界初の大気質に関する分散型台帳を構築するという。また、大気質センサーの所有者には、独自ユーティリティトークン「PLANET」を配布し、エコシステムへの貢献をうながす。

プラネットウォッチは、世界最大の基礎物理研究所CERNによるパートナーシッププログラム「CERNスピンオフ」初のブロックチェーン企業。CERN開発のセンサーデータ収集ソフトウェア、イタリア国立研究評議会研究所が開発した安価な大気質センサー、ALGOを組み合わせることで、大気質モニタリングの分散化を行っている。大気質センサーによる測定をマイニングに見立て、PLANETを獲得できるようにしているそうだ。ロードマップ、トークンモデル、センサーなどの詳細は後日公開予定。

なお、アルゴランド(algorand.com)のマーケティング部長のケリ・キャラハン氏は、「現在、イタリアの複数都市で、固定設備およびバス用モバイル設備が稼働している」とコインテレグラフに語った。

プラネットウォッチの1月23日付けブログ投稿によると、現状の大気質・大気汚染監視は、最新のニーズに対応できていないという。公機関によるセンサーは、都市や主要な輸送ルートに沿って比較的少数が設置されているだけで、データの公開は通常24時間後に行われるそうだ。プラネットウォッチによると、この理由により火災や事故など危機的状況では当局による情報を信頼できず、SNSなどフェイクニュースに頼ってしまうという。また大気汚染への曝露は、乳児死亡率、喘息、神経発達障害、小児がんなど、子供の健康に広範な悪影響を及ぼす可能性があると説明した。

今後の展望

プラネットウォッチの目標は、環境に配慮したい人々による、大気質センサーのグローバルネットワークの構築だ。屋外の設置型センサーや携帯型センサーにより大気質を測定し、インターネットおよびモバイルアプリを通じ収集・検証・フィルタリング・公開をリアルタイムで行えるようにする。

元リサーチ・サイエンティストで、プラネットウォッチ創立者のクラウディオ・パリネロ氏は、「センサーは(EU共同研究センターで)徹底的にテストされており、データは公開されている」とコインテレグラフに語った。

またプラネットウォッチは、PLANETトークンが機能する場所について投資家と話し合っていると伝えられている。パリネロ氏は、「大気質データをプラネットウォッチに送ることが、PLANET獲得の主要なメカニズムになるだろう。モニタリングは、マイニングになる」と説明した。

疑問点は、多くの関心を集められるかどうかだ。

パリネロ氏は、「我々は、すでに多くの関心を集めている。先行予約を受け付ける可能性がある」と答えた。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:ウェザーニュース、海運業界のCO2排出削減量評価にブロックチェーン活用へ

【関連記事:「CO2削減の対価に仮想通貨を」 ドイツ自由民主党が新たな仮想通貨作成を議会で提案

【関連記事:なぜ環境活動家のグレタさんに1億円超の寄付を? 仮想通貨トロン創業者のサン氏に直撃

【関連記事:フィンテック企業モネリウム、アルゴランドのブロックチェーンで電子マネー発行へ

【関連記事:スイスの不動産会社、世界有数の高級ショッピング街のビルをセキュリティトークン化して販売へ

【関連記事:仮想通貨トロン創業者、環境活動家のグレタさんに1億円寄付