BTC/USD

ビットコイン(BTC)は5月27日に20日間移動平均線(9,151ドル)を上回り、さらに上昇した。

出典: Tradingview

しかし、弱気派は9,600ドルで強く抵抗している。このレベルを突破できれば、対称トライアングルのレジスタンスまで上昇できだろう。

トライアングルのレジスタンスを突破できれば、新たな上昇トレンド開始のサインとなる。その際のターゲットは、11,828ドルだ。

逆に、BTCが現在のレベルから下落した場合、弱気派は20日間EMA以下に引き下げようとするだろう。これに成功した場合、対称トライアングルのサポートラインまで下落する恐れがある。さらにサポートラインを割り込めば、6,752ドルまで下落してしまうため、非常にネガティブだ。

ETH/USD

イーサ(ETH)は5月28日に逆ヘッド&ショルダーパターンのネックラインを上回った。これはポジティブなサインだ。227.097ドルのマイナーレジスタンスがあるが、ここを突破すれば、257ドルまで上昇できるだろう。

出典: Tradingview

現在、弱気派はETHをネックライン以下に引き戻そうとしている。ETHがネックラインを下回れば、現在の上昇がブルトラップだったということになる。

20日間EMAと191.692ドルのサポートを下抜けてしまえば、下降トレンドの始まりとなる可能性がある。したがって、以前の分析でロングポジションを購入したトレーダーは、ストップロスを200ドルで維持しておこう。

ただし、ETHがネックラインから反発した場合、強気派は220.097ドルを突破しようと再び試みるだろう。これに成功した場合、上昇トレンドが再開する可能性がある。移動平均線は上向きとなっており、相対力指数(RSI)は60を超えており、強気派が優勢であることを示している。

XRP/USD

弱気派は下降トレンドラインを守っている。XRPが現在のレベルから反落した場合、弱気派はXRPを重要なサポートラインである0.17372ドルまで引き戻そうとするだろう。このサポートを下抜けてしまえば、新しい下降トレンドが開始する可能性が高く、非常にネガティブだ。

出典: Tradingview

逆に、XRPが下降トレンドラインと0.20570ドルのレジスタンスを突破して上昇できた場合、0.22504ドル、さらに0.23612ドルへ上昇する可能性がある。

トレーダーは、XRPが0.20570ドルを数時間維持できれば、ロングポジションを購入することができるだろう。ストップロスは0.19ドルだ。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は、50日間移動平均線(238ドル)を上回ったが、強気派はレジスタンスに直面している。BCHが反落して移動平均線を下回った場合、217.55ドルまで下落する可能性がある。

出典: Tradingview

弱気派はBCHを217.55ドル以下まで引き下げ、さらに200ドルまで下落させ、その後166ドルまで下落する恐れがある。

逆に、BCHが移動平均線から反発した場合、255.46ドルへ、さらに280.47ドルまで上昇する可能性がある。このレベルは強固なレジスタンスとなるかもしれないが、ここを突破できれば、新しい上昇トレンドになる可能性がある。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は下降トレンドラインに達している。強気派がこのレジスタンスを突破させれば、50.7864ドルへの上昇が可能だろう。このレジスタンスを超えれば、ヘッド&ショルダーパターンが無効となる。

 出典: Tradingview

したがって、50.7864ドルを超えて、UTC時間で終わりを付ければ、トレーダーには買いの機会になるだろう。

逆に、LTCが下降トレンドラインから反落すれば、41.7ドル、さらに39ドルまで下落する恐れがある。

LTCがサポートから反発した場合、レンジ内での値動きとなる可能性がある。LTCが39ドルを下抜ければ、弱気派が優勢になるだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。