BTC/USD

ビットコイン(BTC)は上昇トレンドにある。センチメントは押し目買いとブレイクアウトにある。しかし強気派は1万ドルの心理的なレジスタンスを突破することが難しいことがわかっている。

(出典:TradingView)

過去に2回、1万ドルのレベルに跳ね返され、方向転換している。もし弱気派がこの水準を守ることに成功した場合、9025ドルの20日指数移動平均線(EMA)まで下落する可能性がある。

20日移動平均線が正の傾きを示し、相対力指数(RSI)が60を超えていることから強気派が優位だ。そのため20日EMAからの反発は買いのチャンスを提供するだろう。

強気派がペアを1万ドル以上に押し上げた場合、10600ドル付近の対称トライアングルのレジスタンスまでの上昇が見込める。このレベルを超えると持続的な上昇トレンドになる可能性がある。

ただ、20日EMAを下回れば弱気派は勢いを増すだろう。

ETH/USD

イーサ(ETH)は5月17日に下降トレンドラインの上を突破し、以前の分析で示したように、トレーダーに買いのチャンスを与えた。現在、弱気派は上昇チャネルの中間点を守っている。

(出典:TradingView)

強気派がイーサを220ドル以上に追い込むことができれば227.097ドルまで上昇し、その後245ドルのレジスタンスラインに到達するだろう。チャネルのブレイクアウトは288.599ドルまで上昇する可能性がある。

一方で現在のレベルから下落し、チャネルのサポートラインを下回れば、176.103ドルまで落ち込む可能性がある。このレベル以下では弱気派に有利になるだろう。

XRP/USD

XRPはここ数日、0.20570ドルのレジスタンスを超えることを苦労しているようだ。これは弱気派がこのレベルを積極的に守ろうとしていることを示している。本日、価格は0.208ドルの高値まで上昇したが、強気派はこの価格を維持できなかった。

(出典:TradingView)

このことから強気派が、0.20570ドルと下降トレンドラインの間のゾーンをブレイクすることが難しいだろう。

現在のレベルから下落した場合、0.197ドルの50日単純移動平均線まで落ち込む可能性があり、このレベルも下抜ければ0.17372ドルまで下落するだろう。

しかし強気派が下降トレンドラインの上に押し上げることができれば0.23612ドルまでの上昇が可能だ。このレベルのブレイクアウトは大きなプラスで、長期下降トレンドライン上にある0.27ドルまで上昇するだろう。

BCH/USD

ビットコインキャッシュはここ数日、230ドルから250ドルの狭いレンジで取引されている。これは強気派と弱気派の両方が大きな方向に動きを見せていないことを示している。

(出典:TradingView)

250ドル以上の上抜けは、強気派への優位性を示している。このレベルを超えると280.47ドルへの上昇が可能だ。過去にこのレベルからは3回下落しており、弱気派は再び280.47ドルで強力なレジスタンスを機能させるだろう。

もし、ペアが230ドル以下まで急落した場合は200ドルまで下落する可能性がある。この水準は過去3回サポートされているため、買いのチャンスとなるだろう。

LTC/USD

ライトコインは44.3ドルの20日EMAを上抜けてきたが、下降トレンドラインの中でレジスタンスに直面している。20日移動平均が水平になっていることと相対力指数が50に近づいていることから、強気派と弱気派の力が拮抗しているようだ。

(出典:TradingView)

下降トレンドラインを上抜けられれば50.7864ドルまで上昇する可能性がある。弱気派はこの水準を積極的に守ろうとするだろう。価格がこのレジスタンスから下落した場合、レンジ内の値動きが数日続くかもしれない。

一方で強気派が52.2803ドル以上に押し上げられれば新たな上昇トレンドが発生する。最初の目標は64ドルだ。

ただし、下落に転じた場合は39ドルまで下がることも見込んでおこう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。