BTC/USD

ビットコイン(BTC)は4月29日に直上のレジスタンスだった8,175ドルを突破した。その後急騰したものの、短期的なトレーダーが利益を確定させたため、強気派はより高いレベルを維持することができなかった。

出典: Tradingview

しかし、ポジティブなことは4月30日に8,401.06ドルまで反落した際に、強気派が買いを入れたことだ。強気派はBTCを再び9,000ドルまで押し上げたが、それを維持することはできなかった。

これは弱気派が9,200ドルのレベルを積極的に死守していることを示唆している。BTCは次のサポートとなる8,175.49ドルまで下落する可能性がある。強気派はこのサポートラインを積極的に守ろうとするだろう。

もしBTCが8,175.49ドルから反発すれば、強気派は9,200ドルを再び突破しようと試みるだろう。これに成功すれば、10,000ドルへの回復も可能となる。

しかし、もし強気派が9,200ドル以上に価格をスケールさせることに苦戦していた場合、トレーダーはロングポジションの約70%を利確することができる。残りのポジションは20日間移動平均線(7,626ドル)付近でストップロスを設定しておこう。20日間EMAが上昇すれば、それに合わせてストップロスも引き上げていく。

現在の強気の見方は、価格が7,454.17ドルを下回った場合には無効となる。

ETH/USD

イーサ(ETH)は4月29日に上昇チャネルを上抜けたが、強気派はその状態を維持することができなかった。4月30日には再び価格チャネルまで下落してしまった。

これは、弱気派が依然としてアクティブであることを示唆している。

出典: Tradingview

現在、強気派は再びチャネルを突破しようと試みている。これに成功した場合、強気派が弱気派を圧倒したことを示すものになるだろう。

ETHが227.097ドルを超えれば、勢いを取り戻すことになる。227.097ドルを突破すれば、250ドル、さらに289.599ドルまで上昇する可能性が出てくる。

逆に、ETHが反落した場合、20日間EMA(186ドル)まで下落する可能性がある。トレーダーは、ロングポジションの50%でストップロスを200ドルで設定し、残りは185ドルで設定しておこう。

XRP/USD

XRPの上昇は、0.23612ドル付近で反転してしまった。だが、0.20570ドルを守ることには成功している。これはポジティブなサインだ。

出典: Tradingview

XRPの価格が0.20570ドル以上を維持できた場合、強気派は再びXRPを押し上げようと試みるだろう。0.24560ドルを突破することに成功した場合、0.28ドルまで上昇する可能性が出てくる。

しかし、価格が0.24560ドルから反落した場合、数日間はレンジ内での値動きとなる可能性がある。

したがって、もし強気派が0.24560ドルの突破に苦戦していた場合、0.24560ドル付近でロングポジションの一部を利確することができる。残りのポジションのストップロスは0.19ドルで維持しておこう。20日間EMAを下抜けてしまえば、弱気派が有利となってしまう。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は4月30日に直上のレジスタンスである280.47ドルに近づいたが、そこを突破することはできなかった。BCHは276.27dるまで下落したが、強気派は250ドルのサポートを維持している。

出典: Tradingview

強気派は、280.47ドルを突破しようと再び試みるだろう。これに成功した場合、BCHは勢いを取り戻し、350ドルまで上昇する可能性が出てくる。

ただし、強気派が280.47ドル以上に価格を押し上げることができなかった場合、さらに数日間、レンジ内での値動きとなるだろう。トレーダーはロングポジションのストップロスを230ドルまで引き上げておこう。230ドルを下抜けてしまえば、200ドルまで下落する恐れがあるためだ。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は47.6551ドルを上抜けたが、それおを活かすことができなかった。50.7864ドル付近で反落し、47.6551ドルを下回ってしまった。弱気派が依然として活発であることを示している。

出典: Tradingview

それでも、4月30日の45.5444ドルまで反落した際に買いが入っており、強気派は再び50.7864~52.2767ドルのレジスタンスゾーンの突破を試みようとしている。これに成功した場合、63.8769ドルへの上昇も見込まれる。

逆に、弱気派が再び積極的に抵抗するとなれば、さらに数日間はレンジ内での値動きとなろう。現時点では、ロングポジションのストップロスは42ドルで維持しておこう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!抽選で100名様に500円分のイーサリアム(ETH)をプレゼントキャンペーンも実施中!なぜETHなのか?その答えと「無https://line.me/R/ti/p/%40188zyycl料」でトレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。