BTC/USD

ビットコイン(BTC)は過去2日間、50日間移動平均線(SMA)を下回って推移している。これはネガティブなサインだ。現在の価格帯であっても強気派がBTCを買い急ぐわけではないことを示している。20日間移動平均線(EMA)は低下し始めており、相対力指数(RSI)はネガティブの領域に落ち込んでいる。これは弱気派が優勢であることを示唆している。

最近の上昇局面の61.8%フィボナッチリトレースメントレベルにあたる、8,467.54ドルを下抜けてしまえば、7,952.84ドルまで下落する懸念が出てくる。

逆に、ビットコインが現在のレベルから急反発し、下降トレンドラインを上抜けた場合、現在の下落がベアトラップであったことを示すだろう。下降トレンドラインを突破することができれば、新しい上昇トレンド開始の合図となるだろう。

したがって、ビットコインが下降トレンドラインを上抜け、(UTC時間で)終値を付けるのを待ちたいと思う。. 

ETH/USD

主要な仮想通貨では重要なサポートを下回る動きがあるが、イーサ(ETH)は安定している。これは、強気派が急いでロングポジションを閉じようとしていないことを示すものであり、ポジティブなサインだ。2つの移動平均線はフラットであり、RSIは中心に近い位置にある。レンジ内での値動きが、さらに数時間続く可能性があるだろう。

持合いが長引けば、その分、次の値動きはより大きなものになるだろう(上昇か下落、いずれにしても)。

ETHが直上のレジスタンスである197.75ドルを上抜けた場合、235.70ドルへの回復が視野に入ってくる。一方、弱気派がETHを173.841ドル以下に沈めた場合、161.056 ドルから151.829ドルのサポートゾーンまで下落する可能性が出てくる。仮にかのサポートゾーンを下抜けてしまえば、下落トレンドが再開してしまう恐れがある。したがって、トレーダーはロングポジションのストップロスを150ドルで維持しておこう。

XRP/USD

11月15日のXRPの反発の動きは、より高いレベルで買い手を見つけることができなかった。その結果、XRPは次のサポートである0.24508ドルをにらむ展開となっている。移動平均線は弱気のクロスオーバーとなっており、RSIはネガティブな領域だ。これは、弱気派が優勢であることを示唆する状況だ。

0.24508ドルを下抜ける展開となれば、0.22ドルまで下落する可能性が出てくる。したがって、トレーダーはロングポジションのストップロスを0.24ドルで維持しておこう。

逆に、XRPが0.24508ドル近辺で反発した場合、強気派はXRPを移動平均線より上に押し上げようとするだろう。これに成功した場合、数日間は0.24508ドル~0.31491ドルのレンジ内での値動きとなるだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!抽選で100名様に500円分のイーサリアム(ETH)をプレゼントキャンペーンも実施中!なぜETHなのか?その答えと「無料」でトレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。