相場反騰、買いを入れるポイントはどこか? 仮想通貨ビットコイン・イーサ・リップル(XRP)のテクニカル分析【価格予想】

仮想通貨全体の時価総額2000億ドルに近くなったところから相場は急反発した。ポジティブなサインだ。10月23日の相場暴落からの急反発は、ビットコインやほかのアルトコインも含めている。これは仮想通貨全体が買いを集めているということを示している。

Cryptocurrency market daily performance

出典: Coin360

今回の急反発は、買いを開始するのに適しているのかどうかを確認するため、チャートを分析してみよう。

BTC/USD

弱気派は10月23日の7,702.87ドルの下抜けを活かせず、買い手を引き付けることになった。重要なサポートレベルの下抜け失敗とその後の急反発は、弱気派が主導権を失い、底を脱していることのサインだ。

BTC/USD

ビットコインが7,702.87ドルを上回り、勢いを取り戻し、急上昇を遂げた。上昇のペースは、強気派による積極的な買いと弱気派によるショートカバーによるものだろう。

ビットコインは20日間EMAを上抜けた。これはポジティブなサインだ。上昇局面のp次の目標は50日間SMAだ。このレベルを超えた場合、10,000ドル近辺にある下降トレンドラインへの回復も見込まられるだろう。強気派が下降トレンドラインを上抜けることに成功すれば、上昇トレンドが再開するだろう。注意すべき重要なレベルだ。センチメントが強気となったため、トレーダーは8200ドルまで下落した際にロングポジションを取ることができる。ストップロスは7200ドルだ。弱気派が直上のレジスタンスゾーンを死守し、価格が最近の最安値である7,297.21ドルよりも下がれば、強気の見方は無効となる。 

ETH/USD

イーサ(ETH)は161.056ドルのサポートを下回ったが、9月24日の安値である151.829ドルを下抜けることができなかった。これは、一定の価格レベルでは買いを引き付けていることを示している。

ETH/USD

弱気派が151.829ドル突破に再び失敗したことで、価格は急反発を起こした。上昇の動きは下降トレンドラインにまで達した。ここは強固なレジスタンスとして機能する可能性がある。ここを超えれば、196.483ドルまで上昇する可能性がある。

196.483ドルも超えることができれば、イーサは235.70ドルまで上昇する可能性も視野に入る。したがって、トレー